コミックマーケット82に行ってきました! 芝雪屋出展編

ユキ(しばゆき)さんが夏コミ当選を決めたその日から始動した芝雪屋

初の同人誌制作は難航に難航を重ね、私も表紙の装丁でお手伝いさせてもらったりしましたが、7月が過ぎてもまだ作業が終わらないという緊急事態。「本が完成しない」という最悪のケースを憂慮せざる得ないところまできていましたが、寝食を犠牲に10時間ぶっ通しで作業を続ける壮絶な修羅場をくぐり抜けたユキさんは、命からがらなんとか完成まで漕ぎ着けてくれました!

タイトルは「綾波とイチャラブしたい!!」。めでたく芝雪屋の初コミケ出展が決まった瞬間です。

★2012年8月10日(金) コミックマーケット1日目★
コミックマーケット参加1日目。売り子として一緒に参加することになっていた私は、ユキさんと大崎駅で合流してビッグサイトへ。

芝雪屋の場所は、東6館ソー35aとかなり端っこの方。周りはエヴァ本で統一されているものの、男性向けエロにBLに一般小説が入り交じるジャンルのるつぼとなっていました。余談ですが、すぐ後ろに私の大好きな真希波のコスプレした人がいたので気になって仕方なかったです。

到着後、早速私たちは開店準備。机の上に同人誌を並べ、目印となる大きなポスターをスタンドに吊して、さぁ、準備万端!! ……だったんですが、周りを見渡してみると、ちゃんとテーブルシートを敷いて、本立てや値札や看板などで見栄え良く飾り付けを行っている。対する我々は、テーブルに本を直置き、紙にサークル名を殴り書きという雑なレイアウト。釣り銭の用意すら怠る有様で、これはコミケを舐めていると思われても仕方がない…。

ホントはこの辺私が気を利かせて、いろいろ事前に準備しておかないとダメだったんですけどね~。手ぶらでただ遊びに来ただけのまさに役立たず。THE役立たず

準備を終えると、お次は本日の商品の価格設定。事前に「500円で行く」という約束事はできていたはずなんですけど、ユキさんが急遽300円にしたいと弱気発言。時間的都合でページ数が減ってしまったことを気にされているようですが、どうせ500円でも完売するのは間違いないんですから、値下げをするのはもったいないような…。でも、結局説得しきれずに300円で決定。

開場30分前となると、慌ただしさを見せ始める場内。「スケッチブックを頼まれたらどうしよう」との話し合いは、「とりあえず、来たら考えよっかー」で結論先延ばし。すると、その直後にしばゆきファンの方が差し入れ持参でスケッチブックの依頼に! もうこんな熱心なファンが付いているとはすごいな~!

そして、時計が10時を指して開場のアナウンス。響き渡る大きな拍手の中、いよいよコミックマーケット82が開幕しました!

売り子として気合いの入る私は釣り銭シャドーに余念がありませんでしたが、正直、最初の1時間はアイドルタイムだろうと思っていたんです。コミケ参加経験のある方ならおわかりでしょうが、コミケ最初の1時間で買い物できる人は、サークルチケット所持者か徹夜・始発組がほとんど。そういう人たちはまず大手を先に回るでしょうし、忙しくなるのは一般参加者が入場する11~12時以降だと睨んでいたんですよね。

事実、コミケとは思えないほど人通りはまばらだったんですが、皆さん続々と芝雪屋の前で足を止めて本を購入していく! ユキさんはスケッチブックのイラストに集中しているので、接客はほとんど私。でも楽しい! 次々と飛ぶように本が売れていくこの快感! 売り子って楽しい~~!

しかし、想像を上回るペースに「ヤバイ、これは午後まで持たないかも…」と焦り始めます。慌てて部数制限を決めたものの焼け石に水。皮肉にも部数制限してから売れ行きはどんどん加速し、午前11時2分であっけなく100部完売。コミケ開幕から62分での瞬殺劇でした。ああ、この幸福な時間が、たったの1時間で終わってしまうなんて…!!

売り切れてからもお客さんは多数押し寄せ、見本の同人誌を立ち読みしては、「完売しました」の張り紙を見て寂しそうに去って行く…。「再版しないんですか?」「委託の予定は?」と何度も質問されたことか。PeasSoftさんのペーパーバッグを抱えた人がたくさんいらっしゃったので、多分朝一でPeasSoftの企業ブースに向かい、そこから芝雪屋に立ち寄った方が多かったんだろうなぁ。

そんな折り、堕落人さんが芝雪屋に立ち寄ってくれました! 突然の来訪だったものですからびっくり。堕落人さんも既に本が売り切れであることを残念がっていましたので、関係者用の1冊をこっそり抜き取ってお譲りさせてもらいました。

明日行われる芝雪屋の打ち上げに自分も参加したいとのことで、急遽明日もコミケ参戦を決めた堕落人さん。その日の気分でコミケに来るか来ないか気軽に決められる地元民は羨ましいねぇ(笑) 私みたいな地方民は、1ヶ月も前から綿密な準備をしてコミケに挑んでいるというのに!

ちなみに、この間もユキさんはせっせとスケッチブックに励んでいます(依頼は5冊に達した時点で一時受付中断)。私はスケッチブックというのは、もっとサイン感覚でサラサラッと殴り描きするものだと思っていたんですけど…。

ファンの立場としても、憧れの先生が自分のために生でイラストを描いてくれること自体が嬉しいわけで、決してクォリティを求めてお願いしているんじゃないですよね? 15分ぐらいかけて描いてくれればそれで充分喜びを感じるものだと思うんです。

なのに、ユキさんのスケッチブック1枚にかける異常なまでの本気度!! 丁寧に丁寧に精魂込めたイラストを描き、途中で「キャラが似てない」と不満を感じたら容赦なく修正して、自分が納得行くまで描き込みを重ねる姿は、まさにモノマニア。

血の気が引いたのは、長時間かけてようやく色紙イラストを描き終わったあとに放った「よし、ペン入れもしよう」というユキさんの一言

こらこらこら! なんでそこまでやらなきゃいけないんですか~!! これが最後の1枚なら余力を残さずサービスしてあげるのもわかりますよ!? でも、まだ白紙のままのスケッチブックが3枚も残っている! その色紙はもういいから、さっさと次のに移りましょうよっっ!!

自分のような凡人は、全体の仕事量を考えて1つのタスクに対する力加減が頭を過ぎるものですが、ユキさんは常に目の前の仕事に対して全力で取り組もうとするんですねぇ。仕事としての重要性は関係なく、ただ自分の絵に対するこだわりが半端ない。これは同人誌の完成が遅れるわけだわ(笑)

しかし、この一切の手抜きや妥協を許さない情熱こそが、ユキさんの持つ高い能力の裏付けであり、引いては人間的な素晴らしさなんだなと感じました。1枚に1時間以上もかけて商業作品と変わらないクォリティの色紙を仕上げたのは、呆れるを通り越してただただ感心するしかないですよ。

結局、この日ユキさんが手掛けたスケッチブック・色紙は全部で7枚。同人誌自体は1時間で速攻売り切れましたので、その気になれば午前中にビッグサイトをあとにすることも可能でしたが、スケッチブックのために最後までずっと居残っていました。この優しさを私以外のみんなにも伝えたい!! 途中PeasSoftさんへ挨拶に行った以外は、休みなくひたすらスケッチブックを描き続けていたんですもん。ホントお疲れ様です。

帰り際、回転するお寿司屋さんでこの日の祝勝会兼反省会。何はともあれ、初めての同人誌が完売したことはめでたい! 制作途中でどんどん自信を失い、10部しか売れないんじゃないかと本気で悩んでいたユキさんも、自分がどれだけ無駄な心配をしていたのか痛感されたことでしょう(笑)

初参加であったこと、時流外れのエヴァ本であったこと、平日開催であったこと、企業ブースメインの初日であったこと、女性客が多かったこと、それら数々の悪条件をものともせずに、たった1時間で売り切れたのは胸を張っていい素晴らしい成果。逆に言えば、この結果を想定できず、100冊しか刷っていなかったこと、値段を300円に下げたことは大失敗でした。100冊を300円で売り切っても、印刷代をペイするのがやっとですからね。

だから本日の勝利に浮かれることなく、その場で早くも次回参加に向けての対策を話し合い。今回ページ数やクォリティの部分で相当納得いかなかったようなので、次回作ではキッチリ事前準備してブラッシュアップさせようと。目指すは500部!

次回作の題材選びも重要。今度はある程度時流に乗った原作がいいとのことで、10月スタートの秋アニメをiPadで検索しました。ピックアップされたのは、「ToLOVEるダークネス」「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の2点。さぁ、芝雪屋2作目はこのどちらかの本になるんでしょうか?

最後に、今回の芝雪屋初同人誌を手に入れた幸運な方、12ページをよくご覧になってください。あることに気付かれると思います。これを考えると、100冊しか刷っていなかったのはある意味幸運だったのかも? もし300冊刷っていたらユキさんが過労で死んでしまう…!

 

★1日目の感想・売り子編★
・スケッチブックに描くユキさんの絵を一部始終観察できたのは幸運だった
・プロならではのテクニックがあるかと思いきや、描き方は然程自分と変わらなかった
・だけど完成品はまさにプロのクォリティ。一体どうなっているんだ
・スケッチブック依頼のキャラ指定で、璃子・澪・真央の3人をコンプリートしていた
・ユキさんは先発投手より、抑え投手に向いている性格だと思った
・女性客が6組、アジア系の外人さんが4組買いに来られました
・ユキさんが出かけている間、しばゆきファンの人と意気投合して仲良くなった
・1人のお客さんによる最大注文部数は6部。でも2部までしか売れなくてごめんなさい
・お隣のサークル「ケダモノ屋」さんも新刊を完売していた

★1日目の感想・その他★
・最初にSuicaを購入しておいたのは大正解だった
・でも関西人がSuicaを買うのは複雑な気分だった
・ゲームアーカイブスで購入したFINAL FANTASY IV THE AFTER-月の帰還-が名作すぎた
・チャージマン研!の同人誌があったことに感動した
・PeasSoftさんのペーパーバッグはでかすぎで超目立っていた
・コミケ会場内からサイト更新できるなんていい時代だねぇ
・なんとドワイト・ハワードがレイカーズに移籍していた!

コミックマーケット82 2日目・3日目(一般参加者編)に続く!