2007年度最優秀作品
赤レビュー  世界でいちばんNGな恋(HERMIT)

丸戸史明さんの作品が2年続けての受賞。興味深いのは、発売されたブランドも違えば、その作風も異なるところ。三十路間際のリストラサラリーマンという異色の主人公を始めとした、それぞれのキャラクター描写は実に素晴らしいものでした。綺麗な人間だけを揃えるのではなく、恋敵や、反発を生みやすいキャラもしっかり描かれていたことが、物語のリアリティに繋がっている。不快に思える人間も含めて、NG恋の良さ。パルフェをそこまで高く評価していなかった私でも、これですっかり丸戸ファンに染まってしまいました。

青レビュー  うちの妹のばあい純愛版(イージーオー)

寝取られを捨てたなんて嘘。純愛なんて看板はデタラメ。未練を匂わす場面は山ほどありますし、堂々と陵辱シーンが盛り込まれている。そんな背信行為には激しい憤りを感じていますが、眩い煌めきを放つ至高の真説ルートの価値を認めないわけにはいきません。散々感情移入させられた後に待つ、妹岩崎優香とのエッチ三昧な日々は凄まじくエロかった。CGの使い回しが目立とうとも、テキストの素晴らしさがそれを気にさせない。エロテキストに関して、おるごぅるさんは他の誰よりも高い実力の持ち主だと私は思っていますよ。寝取られ・陵辱と相容れない嗜好を持つライターさんを愛してしまうとは我ながら罪深い。

“Favorite” of the year 香野麻実 【世界でいちばんNGな恋】

昔付き合っていた人との微妙な距離感を好む私には、「元奥さん」という設定が堪りませんでした。大人の女性としての落ち着いた魅力を見せながら、一回り年下の少女相手にジェラシー丸出しだったり、感情的になって声を荒げてしまったりするところが素敵すぎます。「ダンナ愛してて何が悪い!?」は蓋し名言。香野麻実は俺の元嫁。

年間総合順位


第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
世界でいちばんNGな恋 うちの妹のばあい 純愛版 Sweet Home 君が主で執事が俺で 艶女医

第6位 第7位 第8位 第9位 第10位
幼馴染と甘~くエッチに過ごす方法 ふぃぎゅ@謝肉祭 遊撃警艦パトベセル Chu×Chuアイドる こいびとどうしですることぜんぶ

番外 番外
うみねこのなく頃に リトルバスターズ!
男性キャラの地位向上

2007年になって、心なしか男性キャラの扱いが改善されてきたような印象を受けます。これまでは、「エロゲに男などデータの無駄」と言わんばかりに存在感が薄かったり、ボイスがなかったりと、不当な扱いを受け続けてきました。それが今では、物語のキー的な役割を担い、ボイスも付いていて当然になりつつある。また、複数の男性キャラが配置されていることも珍しくありません。

この傾向は非常に喜ばしいですね。最重要なのは女性ヒロインであっても、名脇役たる男性キャラの影があってこそ真の名作。ボクとキミの狭い世界ではなく、第3者の存在を加えた視野の広い物語を私は切望したい。

野球のピッチングを想像してみてください。ストライク(女)ばっかり投げる単調な組み立てのリード(シナリオ)では、簡単に打ち返されてしまうでしょう。上手にボール球(男)を混ぜていくことで、初めて投球の幅(世界観)は広がります。時には、打者(プレイヤー)を仰け反らせるためのビーンボール(恋敵)を投げることだって必要。ただし、威嚇のつもりなら構いませんが、本当に頭にぶつけてしまう(寝取られ)のだけは絶対ダメですよ! それだと危険球退場ですから! くれぐれも気をつけてねっ!

高校生恋愛の領分

28歳社会人が主人公である「NG恋」をプレイして、今までにない新鮮な面白さを発見することができました。同時に、エロゲには高校生の主人公が飽和状態であることも痛感しました。青春といえば高校時代ですし、学園生活の楽しさは掛け替えないものですが、それを踏まえたとしても、今のバランスは偏りすぎているんじゃないかと。

高校生の恋愛には自ずと限界があると思います。例えば、2007年プレイした「あねいも2」や「こんぶ」や「恋空」がそうであったように(最後のはエロゲじゃなかった…)、自立もしていない未熟な高校生が、勢いだけで結婚だの子作りだのを宣うのには虫酸が走ってしまう。愛と同じぐらいに、妻と子を養う甲斐性も大事であるはず。結婚・出産は尊いものだからこそ、軽々しく語って欲しくはなかったです。

しかし、自由が制約されてしまう社会人はともかく、大学が舞台のラブストーリーはもっと多くても良さそうなのに、そういうエロゲをあまり見かけないのは何故なんでしょうね。皆さん、そんなに女子高生が好きですか!?

ワイド画面の対応

VISTA導入に合わせて液晶モニタもワイド画面のものに買い換えたのですが、これでエロゲをプレイすると、ヒロインが横に間延びしたり、両サイドが真っ黒く塗りつぶされたりと、すごくしょんぼりなことに…。そんな中、ageさんなんかはいち早くワイド画面に対応してくれていたりするので、この流れが他にも伝播して欲しいものです。

今年のelf

2007年elfさんから発売された新規タイトルは、Dragon Knight4のみ。私も購入はしたものの、レビューを書く以前の段階で挫折…。結局、elf作品を1度もレビューしない年となりました。このコーナーもこれが最終回か。

2007年の総括そして、2008年の展望

きみはぐ、こんぶと死ぬほど期待していた2作品がまさかの空振り。「2007年は執事年だ!」と鼻息を荒くしていながら、ロンド、きみある、バレバトの執事三部作がどれも微妙な出来に終わってしまった時点で、私の2007年は既に幕が下りていたのかもしれません。

そんな暗い2007年はさっさと忘れて、明るくなるであろう2008年の展望。年始からさくらシュトラッセしあわせなお姫さまなど気になるタイトルがひしめいており、他にもつよきす 2学期KISS×500学園☆新選組!G線上の魔王俺たちに翼はないティンクル☆くるせいだーすとチェックすべき作品がたくさん。2006年~2007年と停滞していた景気に緩やかな回復傾向が見られます!

2008年にかける私の望みとしては、単独ヒロイン特化型エロゲの拡充を願いたい。薄いキャラを4人も5人も相手するより、1人のヒロインとの濃密な時間を過ごしたいと常々思っていました。単独ヒロインは基本ハイリスクハイリターンで、そのヒロインが気に入らなかった場合、かなり悲惨な結果になることは重々承知しております。実際、「こんぶ」で高すぎる授業料を支払いましたから。しかし、そんな苦汁を舐めても、否、苦汁を舐めているからこそ、敢えて強弁に主張したい! 単独ヒロイン特化型エロゲがもっと増えて欲しいと! そして、私にこんぶの無念を取り返させてください! 博打の負けは博打で取り返さなくちゃダメなんです!!(ダメ人間)

それでは、最後に…

2008年こそは“1人のヒロイン”とひたすらラブラブな作品が増えますように!