Wake Up, Girls!第6話「まだまだだよ」雑感

I-1 clubをスターダムにのし上げた仕掛け人早坂相(はやさかたすく)がWake Up, Girls!という素材に目を付け、自身がノーギャラでプロデュースを受け持つという。敏腕プロデューサーの手に委ねられたWake Up, Girls!は、早速プロ仕込みのハードなレッスンを受けさせられる

本格的なプロへの第一歩を踏み出した展開は良かったんですけど、ここ最近のWake Up, Girls!は単純にグループの活動記録を追っているだけで、メンバーたちの掘り下げが疎かになっているところに私は不満があります。

アイドルのファンというのは、グループそのものを好きになって入るより、グループ内の個人を好きになって、その結果グループ全体を好きになるケースの方が多いはず。だから「Wake Up, Girls!として何をやった」という話は、序盤は極力省いて構わないと思うんですよね。

私が見たいのはメンバーたちがプライベートで見せる生の反応。それは決して下世話な興味ではなく、彼女たちがアイドルという仕事に“個人”としてどういった取り組みを見せているのか、そこを詳しく知りたいのです。

過酷なレッスンを強いられ、心ない罵声を浴びせられ、身も心もへとへとになっているのはわかります。でも、やり手のプロデューサーが、名もなき自分たちのレッスンを受け持ってくれることは紛れもなく幸運。確かに大変でしんどいかもしれませんけど、ブレイクスルーを夢見る者としてまたとないチャンスであるはずなんです。

だから、早坂さんから指導を前向きに受け止められる娘が出てきて欲しかった。未夕みたいに「私は褒められて伸びる子だから~」と愚痴る娘がいるのもいいんです。ただ、それとは別に、このチャンスを掴んで絶対売れてやると燃える野心家や、教わったことを自宅でも反復復習するような努力家など、異なる捉え方をするメンバーもいて欲しいんですよ。同じメンバーで同じレッスンを受けても、考え方や取り組み方の違いを見せることで、初めて各個人の個性が生まれてくるんです。

全員が「疲れた~」「もういや~」「何様なの~」みたいな一律の反応しかできないようじゃ、私はWake Up, Girls!に個性も魅力も見出せません。第2話で水着営業していたときは、仕事だからと割り切る人・拒否感剥き出しの人・あんまり深く考えていない人といったように各個人の異なる反応が見られたのに、今回はそれが全然見られなかったのが残念でなりませんよ。

大人に言われたことを淡々とこなしてきた少女たちが、人気グループに成長していくご都合的サクセスストーリーなんか見せられて面白いですか? 主役は仕掛け人ではなく、あくまでアイドル本人たち。大人たちに翻弄されながら、彼女たちは自分たちの手で何を精一杯やりきるのか、そこを私は注目したいんです!!

最後に早坂は、「足手まといの藍里を切る」と発言しました。先週の感想で述べた“グループ内に波紋を広げる外部刺激”が早速投入されたカタチですね。藍里が抜ける抜けないは別にして(どうせ抜けないし)、この件をきっかけにグループ内で活発に意見が言い合えるような関係に発展して欲しい。どうか「反対!」「可哀想!」という一律な脊髄反射だけは見せないで欲しい。

Wake Up, Girls! 1 初回生産限定版 [Blu-ray]

販売元:エイベックス・ピクチャーズ( 2014-03-28 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 650 より )

Amazon価格:¥ 5,848

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL