Wake Up, Girls!第1話「静かなる始動」雑感

思てたんと違う! 蓋を開けてみれば、そう叫ばずにいられないアニメでした。画面に向かって「マジか?」と問いかけてしまうアニメもそうそうないですよ。他のアイドルアニメがパステルカラー調で明るく煌びやかなのに対し、こっちは画面からして終始曇天模様でくぐもっていますもんねぇ。先行き不安というか、これはもうダメでしょ…。

この出来損ないの同人アニメのような作画は正気かと。とても2014年に日本で作られたアニメとは思えません。キャラは可愛くない上に、どいつもこいつも個性に乏しい似たような顔付きですし、この何ともいえない不気味さを漂わせる笑顔は、見ていて心が不安定になってきますよ…。

下品なパンチラも勘弁して欲しい。どう考えてもこんなアニメにパンチラは必要とされていないでしょ。それなのに、OPから執拗にチラチラ見せ付けてくるから戸惑う。これからライブシーンでは毎回パンチラをねじ込んでくるんでしょうか? 不快感しかないです。

極めつけは、ヘタクソすぎる声優演技。棒読み過ぎて、会話の内容が頭に入ってこないよ! 感情を発露する難しいシーンがあったわけでもないのに、日常会話でここまで棒読みだとキツイ。おみくじ引いたあとの「吉」の一言ですら、棒だったのは恐れ入る(笑) 発音は完全に気が違っている方の「キチ」でした。

無個性で可愛くない顔、下品なパンチラ、程度の低い演技。アイドルアニメでこのクォリティの低さは致命的だろ……と言いかけたところでふと思う。あれ? もしかして、これこそがアイドルアニメの本流なんじゃないかと。

だって言ってしまえば、それらは総てAKBにも当てはまる要素ですもんね。AKBに限らず、日本のアイドルファンの多くは完璧を好まない。隙のない絶世の美女よりも、男っ気なさそうな垢抜けない少女が選ばれ、まともなパフォーマンスができないポンコツ女でも、そこがカワイイんだと褒めそやされる。

少々悪意のある言い方でしたが、要するに日本のアイドルファンは「身近にいそうな女の娘の成長を見守りたい」という傾向が強いので、そういう意味では、Wake Up, Girls!の方向性は決してズレてはいない気がするんですよね。今はカスとしか思えないWake Up, Girls!の面々(言い過ぎ)も、これから視聴を続けていくうちに段々惹かれ始めてしまうのかもしれません。

そうはいっても、Wake Up, Girls!を支える客層はアイドルファンではなく、あくまでアニメファン。少女の成長を見守りたいアイドルファンと、ただカワイイ少女を愛でたいだけのアニメファンの需要は大きく異なりますので、そこの齟齬が結果としてどういう風に表れるのか。……正直、成功する未来は私には見えませんけど。

──とはいえアニメファンには汚い部分を嫌う傾向があります

山本:僕はそろそろファンが綺麗なものばかりに飽きていると思うんですよ。時代が変わり、一世代違ってきている。そういうにおいを感じ取っているんです。昔は二次元と三次元の壁というのがあって、相容れなかった。今はアニメとしてもアイドルアニメがブームになっている。もちろん皆さんまだ手探りの状態でアニメでアイドルを提示していてその事情は理解できるんですけど、やっぱりだんだんと熱、体温というものをアニメも欲しがっている。だから臆することはないと思っています。

監督の山本寛さんのインタビューに目を通しますと、個人的には共感できる部分が非常に多い。現状のアニメファンが「綺麗なものばかりに飽きている」とは思えませんが、少なくとも私は綺麗なだけのアニメを見たいわけじゃありませんから、山本寛さんがやろうとしていることは応援したいのです。Wake Up, Girls!には清濁含めたアイドルの魅力を描くアニメになって欲しいのです。

そんな山本寛さんに好意的な私ですら、この第1話はさすがにヤバかったと思う…。視聴はまだ継続するつもりでいますが、どこまで辛抱できるやら。

7 Girls War[CD+DVD][イベント優先申込券付] / V.A. / CD ( Music )

エイベックス・ピクチャーズ( 2014-02-26 )

定価:¥ 1,944 ( 中古価格 ¥ 50 より )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 私も余りに露骨なパンチラってあんまり好きじゃないんですよね。演出の焦点がぼけてしまうと思うんですよ。制作者側に「こういう所を見て欲しい」っていうのがあったとしても、悲しきかなパンツの方に意識がいってしまうというか。

    久々のヤマカン監督作品ですが、感想を拝見するに余り面白そうじゃなさそうですね・・・うーん。

  2.  ゲストさん
    パンチラは好きから嫌いかで言えば大好きで、露骨なパンチラも全然OKなんですが、不思議とアニメでパンチラを見たい気になれないんですよね。アニメでパンチラを見せられると、むしろイラッとする。

    でもノラガミのパンチラはあり。すいません、理由は自分でもよくわからないので説明できません…。