WHITE ALBUM2第7話「最高の、最後の日」雑感

GOOOOOOAL!!! 春希君の気持ちがかずさに傾きかけていたところでショートカウンター炸裂! サイドからのダイアゴナルランで強引にカットインしてきた雪菜ちゃんが、ワンタッチで華麗にシュートを決めました!! この芸術的抜け駆けゴールで、雪菜ちゃんが鮮やかに先制点! やったぁ!!

遂に迎えた学園祭当日。この晴れ舞台のために露出高めのアイドル衣装をわざわざ用意して、全力で観客(視聴者)に媚びてくる雪菜の相変わらずのあざとさ

ていうか、軽音楽部の学園祭ライブだっていうのに、こんな場違いなぶりぶりアイドル衣装で、ぶりぶりアイドルMCをやる雪菜にはドン引きですよ…。作中では観客大盛り上がりでしたけど、現実だったら目も当てられない悲惨な空気になっていたと思う(特に女子は)。本物のアイドル歌手を招いてのライブならともかく、素人の一般人がこんなアイドル気取りのライブやってもキツイでしょ。

そもそもこんなアイドルライブみたいなノリだったら、主人公はフツーにいらなかったよね? 綺麗どころの女子2人を前面に押し出した方が良かったですし、1人学生服の春希君は絵面的にも邪魔。睡眠時間削りながら一生懸命ギターソロの練習をしてきた春希君でしたけど、多分客はそんなの全然興味なかったと思います(笑) ギターも打ち込みで良かったんじゃないかな?

何はともあれ、あまねくオタクの夢である学園祭ライブを成し遂げ、達成感で胸一杯の春希君。ここまで協力してくれたかずさに感謝を述べながら、音楽室で2人きりとてもいい雰囲気に。ヤバイ! このままだと春希君とかずさが普通にくっついて、普通に終わってしまう!

危険を察知した雪菜は、もう手段は選んでいられないと強硬手段に打って出る。夜の帳が落ちるタイミングを見計らい、敢えてアイドル衣装は着替えないまま、思わせぶりな発言でその気にさせると、「本当は清純な女の娘なんだよ?」的な白々しい言い訳を宣いつつ、強引に口付けして既成事実まで持っていきました。いや~、いろんな意味でいやらしい女ですよね~。

と、アニメだけ見ていると雪菜の小賢しさばかりが目立ってしまいますが、実情はチョット違ったり。結果的に抜け駆けに走った雪菜でも、真意では「このまま3人の関係を崩したくない」という穏やかな想いを持っていました。そんな彼女が何故このような行動に駆り立てたのかというと、かずさと春希君が交わした“あるやりとり”を目撃したせい。

アニメではそこがごっそり削られていますので、どうしても雪菜が悪者に映っちゃいますよね~。原作でも“2週目”で出てくる隠しシーンだったんで、アニメで描かれないのはしょうがないかもしれませんけど、あとから回想シーンで補完してくれるとありがたいな。この時点で私はもう、かずさより雪菜の方に肩入れしてしまっています。

WHITE ALBUM2 1 [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2013-12-25 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 798 より )

Amazon価格:¥ 4,740

時間:48 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. まさしく岡崎ばりのワンタッチシュートでシュート決めましたねw
    かずさ派な自分としては逆転シュートを期待したいとこですp(^ ^)q

  2.  神楽坂さん
    先制ゴールを決めた雪菜としては、残り時間ボールを回して相手にチャンスを与えないことですね。ゴールにしっかり鍵をかければそのまま勝利ですよ! 大丈夫! 1-0で逃げ切れる!

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。