WHITE ALBUM2第1話「WHITE ALBUM」雑感

小木曽ぉぉ!!! すいません、言ってみたかっただけです。

学園のアイドル小木曽雪菜、孤高なピアニスト冬馬かずさ、軽音楽同好会控えギター北原春希の3人による切ない三角関係を描いた恋愛ドラマ、WHITE ALBUM2。原作エロゲはプレイ済み(introductory chapterのみ)なのですが、何気に3年半も前の出来事なので、印象的な場面以外はすっかり内容を失念していますね。

最初に戸惑ったのは、「あれ? 春希君、こんなにウザかったっけ…」という点。自分が書いた当時のレビューを振り返ってみると春希君をベタ褒めしていましたので、私としてはお気に入りの主人公であったはずなんですが、こうして改めてアニメで見てみると、その全身から滲み出るやれやれ感が鬱陶しくて仕方ない(笑) 気怠げな喋り方が実に神経を逆撫でしてくれますよ~。

やっぱり、エロゲやラノベのような活字媒体のキャラクターをそのままアニメ化すると、こういう気持ち悪い感じになっちゃうもんかなぁ。あと、どうして学園モノのエロゲ主人公は、みんなこうテンプレートな顔になるのやら。この見飽きた面構えにウンザリさせられるのかもしれません。

と、のっけからまた主人公批判を展開してしまいましたが、春希君の本領発揮はこれからこれから! 今は少々癇に障る主人公であっても我慢しますよ!!

ヒロインの小木曽雪菜も、現時点では特にカワイイとも感じないキャラですが、これからいろんな魅力が見えてきます。見た目ほど控えめで大人しい感じではなく、実は結構いい性格していて、根性が据わったところがあるので私好み。第1話でもその片鱗を見せてくれたというか、「私がミスコン出なかったら 盛り上がらないかも…」と言ってのける、無自覚な上から目線がありましたしね(笑)

第1話全体の感想としては、随分スロースターターな印象を持ちました。私はこれからWHITE ALBUM2が超面白くなっていくことを知っているのでいいですけど、初見の視聴者の心にどれだけ響いたかは微妙。大半が主人公のウザイ自分語りに費やされていて、最初の掴みとしては弱かった気がしますので、1話で見限られてしまわないか心配です。

エロゲは高いお金出して購入した以上、序盤が少々退屈でも我慢してプレイを続ける人が多いですが、アニメは序盤がつまらなければ容赦なく切られる。後半どんなに盛り上がったところで、その頃にはお客さんが残っていないという悲惨な状況になりかねませんので、1話~3話でどれだけ視聴者を取り込めるかが勝負なんですよねぇ。

ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 「証拠を出せよ! しょーこをー!」
    いや、私も言ってみたかっただけです。

    作画も声優の演技も、また脚本も丁寧に作られていて、初見の視聴者に配慮したのがよくわかり、1話めのデキとしては、ほぼ完璧と
    「WA2プレイ済みの」視聴者としては思ったのですが、本当の初見の人としてはどうなんでしょうね。
    見た感じ普通のアニメになってしまっていて、いわゆる「丸戸節」があまり感じられなかった気がします。
    その地味さ故に序盤は大して面白いとはいえない物語なだけに、大和さんの言うとおり、初見組をどこまで引っ張れるのか未知数な感じですね。

    あえて初見組を置いてけぼりにして、ハルヒばりにモノローグを多用しまくった演出で、
    クドすぎる丸戸節を無理矢理表現する、とかの方が原作プレイ済み層にアピールできるし
    他のアニメとの差別化もできるんじゃないかなー、とか素人ながら思ったり。

    厳しめに書きながらも、かなり期待してるんですけどねー…どうなることでしょうか。

  2.  ぺそさん
    WHITE ALBUM2に限らず、エロゲは“オチ”にはこだわりを見せますが、総じて“掴み”が弱い。“オチ”と同じぐらい“掴み”も大事だと思うんですよね。昨今のアニメは逆に“掴み”しか考えていないような作品も多いですけど…。

    丁寧に原作を再現してくれているのは間違いありませんので、原作ファンとしては評価できる第1話でしたが、こうしてTVアニメ化したからには、やっぱり原作を知らない人々にも広く評価されるアニメになって欲しいものです。

    >モノローグを多用しまくった演出で、クドすぎる丸戸節を無理矢理表現
    いや~、それだと原作好きな私ですらギブアップしそいそう…。活字媒体であれば、ペダンティックでオシャレな言い回しを好みますが、それをアニメでやられると白けてしまう。やはり活字媒体ならではの演出、アニメならではの演出があると思いますよー。