楽園追放 -Expelled from Paradise- 映画評

まずアンジェラのキャラクターデザインに文句が言いたい! 開巻劈頭、いきなり切れ込みの激しいハイレグモノキニを身にまとった主人公アンジェラが登場すると、その3Dキャラらしからぬ艶めかしい肢体に思わず私は鼻の下を伸ばしてしまい、すっかり序盤の話を聞き逃してしまいましたから!!

冒頭には、「楽園追放」の世界観を把握させるための大事な説明描写があったのに、こんなえっろいえっろいキャラを出されたせいで、ちっとも内容が頭に入ってきやしなかったですよ! 勉強しなきゃいけない時間帯に、こんなセクシーな水着のおねーさん出さないでください! 気が散って集中できませんって!

現実世界に降り立ったアンジェラは姿形が16歳の少女に縮んでしまったので、そこでようやく私は少し冷静さを取り戻せましたが(それでも乳と尻と太股を強調したえっろいえっろい衣装)、その時点で既に物語はスタートを切っていましたので、私は設定のよくわからないSF映画を予備知識なしで見せられるという大変な苦境に立たされてしまいました

おかげで最初は完全にちんぷんかんぷんだったのですが、我慢して話を追いかけていると少しずつ内容を理解できるように。既に人類は生身の肉体を必要とせず、本能的快楽の追求からも解き放たれた極めて高度な存在へと進化していており、アンジェラの住む「ディーヴァ」という電脳世界は、そんな「電脳パーソナリティ」となった人々が息づくVR空間であるみたい。

そう言われてもSF音痴な私にはイマイチ意味が飲み込みにくかったんですが、要するに「ディーヴァ」は二次元世界だと思えば腑に落ちやすい。クソみたいな三次元(現実)を捨て、二次元という理想郷へ逃避する我々オタクの悠久の悲願が、遂に実現為し得たということですね!

しかし、そんな二次元世界も、本当の意味で理想郷であるかというと怪しい。電脳世界の演算リソースが有限である以上、個人に割り与えられるメモリ容量には限りがあり、必然的に有能で勤勉な者にはそのメモリ容量が多く割り当てられ、無能で怠惰なものにはメモリ容量は割り当てられない。結局、資本主義の現実社会と大して変わらない構造であって、肉体の枷から解き放たれた自由の楽園を謳っても、実際には厳しい制約と統制のある不自由な競争社会だったわけです。

ディーヴァが絶対的な価値観だったアンジェラも、現実世界の住人ディンゴとの出逢いをきっかけに、少しずつ考えが揺らぎ始める。そして、ディーヴァに仇なす敵だと思い込んでいた「フロンティアセッター」が、実はそうではなかったと知ることで、彼女はディーヴァの神々に初めて異議を唱えた。そのせいでアンジェラは「楽園追放」となってしまうわけですが、ここからが怒濤の展開で面白かったですね!

あくまで「フロンティアセッター」を脅威的な存在と見做すディーヴァの神々は、周囲の保安要員を結集させて総攻撃を開始。およそ1時間後には、フロンティアセッターの根城に唸りを上げて大軍が押し寄せてくる。対抗するは、アンジェラ・ディンゴ・フロンティアセッターの僅かに3名。多勢に無勢という絶望的な状況だからこそ、熱く燃えたぎる最高のシチュエーションだったと言えましょう。

やはり虚淵さんは、エンターテインメントというものをよくわかっていらっしゃる。博識で才能豊かな御仁でありながら、決して独り善がりな世界観に没頭することがない。観客を楽しませる手段とタイミングをちゃんと弁えており、盛り上げるべき場面ではわかりやすいほどストレートに見せ場を持ってきてくれます

3Dモデルの恩恵をフルに活かした、高速のアニメーションとカメラワークによるダイナミックな映像とサウンド。ロボット同士のドンパチがそれほど心に響かない私でも、この大迫力の銃撃戦には自然と胸が躍りましたね! 戦闘中のアンジェラは、闘争本能剥き出しで戦っていたところが実に格好良かった(EVAのアスカみたい)。何故か前傾姿勢で搭乗しなくてはならないロボットゆえ、揺れる胸と突き出したお尻が気になって、100%バトルに集中できなかったのは難点でしたが(笑)

SFエンターテインメントとして極めて満足度の高かった本作も、キャラクター面では若干弱かったかなという思いがなきにしもあらず。アンジェラ・バルザックは釘宮さんが演じている時点でツンデレ臭が半端なかったんですが、実際捻りもなくその通りのキャラでしたし…。パートナーのディンゴもありがちな飄々としたアウトローキャラで、ぶっちゃけメインの2人はどこかで見たことあるようなベタなキャラです。

でも、物語に入り込みやすいよう、敢えてキャラクターには深みを持たせなかったのかもしれません。映画という限られた時間内で、欲張ってあれもこれも凝り始めると、往々にして駄作に終わってしまうもの。カワイイ女と、カッコイイ男。それをキチンと演出できていただけで、彼女らは充分にその役目を果たしていたといえるでしょうか。

楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-12-10 )

定価:¥ 8,640 ( 中古価格 ¥ 3,400 より )

Amazon価格:¥ 6,683

時間:103 分

2 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.