TIGER & BUNNY第24話「Nothing ventured, nothing gained.」雑感

攻守共に桁違いの強さを持つニセタイガーことH-01にまるで歯が立たないタイガー&バーナビー。グッドラックモードによる得意の同時攻撃を繰り出すも、H-01には傷1つ与えられない。刻々と能力限界も迫る中、2人は絶望的な状況へと追い込まれる。

しかし、一瞬の隙を突いたタイガーが後ろからH-01を羽交い締め。最後の気力を振り絞り必死に動きを食い止めると、バーナビーが敵の落としたレーザーガンを拾い、タイガーもろとも撃ち抜く。この辺、完全に魔貫光殺砲シチュエーションだったのは笑いました。ジェイク戦はセルゲームのパクリでしたし、スタッフはドラゴンボール意識しすぎでしょー。

結果的には、タイガーの捨て身でなんとか強敵に打ち勝てたというシナリオでしたが、あれだけ圧倒的な戦力差がありながら、自分の武器を鹵獲されて一発逆転されたラスボスは少々間抜けな感じはします。「何故だ! 何故私のH-01が!」とロトワングが大層悔しがっていましたけど、どう考えてもアンタの作った武器が優秀すぎたせい(笑) そして、それを何故かロボットの体内に内蔵しなかったことが落ち度だと言えましょうか。

H-01の破壊と引き替えに、瀕死の重傷を負ってしまった虎徹。バーナビーの腕の中で苦しそうに言葉を絞り出すシリアスな感動シーンでしたが、バーナビーの「いつか虎徹さんに僕のチャーハンを食べてもらおうと思って、練習してるんですからね!」のセリフでどうしても笑ってしまう。虎徹の最期(?)の言葉が「お前、睫毛なげぇなぁ」だったのもウケる。

虎徹はそのまま息を引き取ってしまったかのような描写でしたが、次週のタイトルは「永久不滅」とありますし、TIGER & BUNNYの作風から考えて虎徹が死んだというのは考えにくい。次回最終回で、何事もなかったように元気な姿が見られたらいいな。

もし万が一死んでいたとしたら、第2期は虎徹が天界で修行をする話になるわけですね。バーナビーは楓を連れ去って、立派な戦士に育て上げることでしょう。1年後に襲来する更に強力な2人のサイヤ人に備えるために!

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 9 (初回限定版) <最終巻> [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2012-01-27 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 838 より )

Amazon価格:¥ 15,650

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL