TIGER & BUNNY第23話「Misfortunes never come singly.」雑感

タイガーの“ある一言”がキーとなり、洗脳が解けたバーナビーはようやく平静を取り戻す。それはいいんですけど、記憶を呼び覚ます一言が「バニーちゃん」だったのは正直釈然としない。もっと二人の絆を強く感じさせるセリフはいくらでもあったはずなのに、なんでよりによってこれなの? それなら、虎徹が「思い出してくれよ…」と涙した場面で思い出してくれた方が素直に感動できたんですけど…。

ニセタイガーの正体は、普通にロボットだったというオチ。確かにシスの回でアンドロイドの伏線は張っていたものの、これがラスボスというのはチョット寂しいかなぁ…。裏にいるマーベリックとロトワングも両方小物っぽいですし、あんまりワクワクする戦いじゃない。

ジェイクの方が絶対格がありましたよ。敵キャラでありながら、粋で派手で悪の美学を感じさせるいかした奴で、ウロボロスという組織の長であり、キャラクターのバックボーンもしっかりしていました。それを考えると、今になってなんの変哲もないアンドロイドが相手というのは、取って付けた感が拭えません

まぁ、ラストに向けてあまりネガティブなことばかり言ってもしょうがないので、ポジティブな面も取り上げましょうか。今回良かったのは作画。作画クォリティが過去最高に良かった!

どうですか! このイケメン度はヤバすぎるでしょ~。私はこういう眼力のある顔が大好きなんで、目つきの悪い2人の表情はたまらないですね!

そして、愛すべきブルーローズちゃんの厳選カット集。これも左上の表情が一番好きです! 右下は別の意味で一番好き。作画がいいというだけでなく、全体的にみんな顔が濃い目だったのが私のツボに入るんですよ。

あと残り2話、このスーパー作画を維持したまま頑張ってね~♪

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 9 (初回限定版) <最終巻> [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2012-01-27 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 838 より )

Amazon価格:¥ 15,650

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL