TIGER & BUNNY第20話「Full of countesy, full of craft.」雑感

クスリが混入されたコーヒーに一切手を付けず、床に落ちていたバーナビーのピンバッジを見つけるも、咄嗟に「あっ、俺のでした」と何も気付いていない振りをした虎徹さんはさすが機転が利くなと感心していたら、本当に何も気付いていなかった!

そのあと直接マーベリックに電話したときも、カマかけて確証を得るのかと思いきや、バカ正直に黒幕にベラベラ全部話しちゃうし~。オジサンは天然な振りをした切れ者だと信じていたのに、ガチ天然でガッカリですよ(笑)

真相を隠すためバーナビーの記憶を再び抹消すると、今度はサマンサを拉致監禁し殺害に及ぶマーベリック。更に殺人犯を虎徹に仕立て上げるべく、ヒーローとスタッフ全員をまとめて洗脳するという大胆な犯行。って、1つの嘘を隠すために嘘を大きくさせすぎでしょ。そんな大掛かりで無茶なことしなくても、ただ写真を処分してサマンサの記憶を消せばよかっただけなのにねぇ。

しかし、かつて仲間であったヒーローたちと敵対し、追われる立場となった展開は正直燃える。自分の存在すら信じてもらえない孤独な虎徹を、敵であったルナティックが唯一の理解者となり……ってシナリオになるんですよね? ワイルドタイガー=虎徹であることをただ1人知るルナティックがここで絡んでこなきゃ、一体何のために彼を引っ張っているのかわかんないですし。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 8 [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2011-12-22 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 890 より )

Amazon価格:¥ 1,100

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL