TIGER & BUNNY第11話雑感

現場と政治が衝突する展開は如何にも洋画っぽくて面白いなぁ。ただ、オリガミ潜入捜査の罠を打ったとはいえ、あっさりテロリストの要求を飲んでジェイク解放を決めてしまったところに違和感。日本じゃないんだから…。

「保身」の単語が出てこず、決めるべき場面でグダグダになってしまう虎徹は可愛かった。でも、「そういや、市民の命が最優先でした」と皮肉を込めて、保身と復讐で頭がいっぱいの市長&バーナビーに同時に釘を差すなど、機転を利かせる格好良さも持っている。格好悪いけど格好いい虎徹さんの真骨頂。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 5 (初回限定版) [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2011-09-22 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 232 より )

Amazon価格:¥ 1,400

時間:76 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL