残響のテロル第2話「CALL&RESPONSE」雑感

東京都庁への爆弾テロという大惨事を受けて、警察は緊急対策本部を設置。刑事ドラマではお馴染みのシーンですが、この雰囲気すごく好きなんですよね。警察の威信をかけて犯人を捕まえてやるという意気込みが感じられて、ドキドキワクワクしてきます。特に刑事部捜査一課長の倉橋さんはめちゃくちゃ渋くてカッコイイので応援したくなる!! 壮年の坊主頭はたまんないね。

会議の中では、犯行予告の動画投稿に匿名化ソフトTorを用いていたとか、テルミット爆弾でスーパー柱を融解させ、スプリンクラーの水で水蒸気爆発を誘発して都庁を倒壊させたなど、詳細な犯行内容が語られていました。こうやってテロの手口を事細かに説明してくれるのはリアリティが増していいことなんですけど、反面ここまでリアルに描いてしまって大丈夫かなという心配もあります。

まぁ、現実のニュースでもこれぐらいの報道はされますので問題ないとは思いますが、アニメは槍玉に挙げられやすいですからね…。もし模倣犯が現れた場合、確実にニュースではなくアニメのせいにされてしまう(笑)

都庁爆破には1つだけTNT爆弾も用いられており、そこには「VON」という手描きのメッセージが添えられていた。まさにこれは半年前に核燃料再処理施設でプルトニウムが強奪された際に残された文字と同じ。プルトニウム強奪犯と同一犯である可能性に、事情を知る倉橋らは震撼する。どうやらプルトニウム強奪の件は、警察内でも上層部に留められた国家機密であったみたい。

「最初は2本足。次に4本足。最後は3本足、なぁ~~に?」

犯人の正体が掴めぬまま、スピンクスから第2の犯行予告動画がアップロードされる。オイディプス王の物語に出てくるスフィンクスの謎かけに準えた問題は、次なる爆破場所を示唆したもの。警察はその数列を住所の番地であることを推察し、港区にある湾岸DNA研究所を割り出した。DNA研究所なら、本来の答えである「人間」ともダブルミーニングで符合する。警察はすぐさま研究所に人員を配備し、厳戒態勢で爆破テロに備える。

ただここで警察が4-2-3の番地で割り出したのはやや解せないところでした。スピンクス本人は2-4-3で予告しているんですから、4-2-3で調べるのは変。素直に2-4-3を手掛かりにして、場所を特定すべきだったんじゃないですかね。

元捜査一課で今は窓際族に追いやられている柴崎だけは、スフィンクスの謎かけに2-4-3の異説があることを知っており、2-4-3の場合の答えは「オイディプス」自身であることを告げる。それはメッセージを投げかけられた「警察」自身を意味するもので、2-4-3の番地にある六本木警察署こそが、次なるテロのターゲット。直後、当該警察署で爆破が起こり、第2のテロを未然に防ぐことはできなかった。

第2話になり、スピンクスVS警察という構図が出来上がりつつあるのは面白い。今回は警察が不覚を取ってしまいましたが、警察だってこのまま大人しくやられちゃいないでしょう。柴崎がDEATH NOTEにおけるL的なポジションとなり、天才VS天才の型破りな頭脳戦が繰り広げられるようになれば最高です。

警察に挑戦状を叩きつけ、挑発しながら大胆に犯行を重ねていく事件は、最近でも現実に起きていた出来事ですから、すごく臨場感ありますね。最後は「河川敷にスマホを埋めるのを見られてしまった」なんてつまらないオチにならないことを祈ります!(笑)

残響のテロル オリジナル・サウンドトラック / 菅野よう子 / CD ( Music )

アニプレックス( 2014-07-09 )

定価:¥ 3,240 ( 中古価格 ¥ 972 より )


3 Responses so far.

  1. yuki より:

    私も警察が素直に番地で警察署の場所に検索かけなかったのは違和感ありました。
    「警察の皆さん気をつけて」って言ってるのに、しつこい日本の警察がその程度やらないのはなあ。
    警察の奥に簡単に侵入できたのもうーん、って感じで。
    あんなにザルなもんなんでしょうか。

    ホント天才対天才になればいいんですけど、一方を無能にしちゃうと冷めるので頑張って欲しい。

    >ここまでリアルに描いてしまって大丈夫かなという心配
    もうこの辺はクリエイターは日本に生まれた宿命として覚悟決めてやるしかないんでしょうね。
    日本のマスコミは因果関係を無限に広げて責任を誰かに取らせたがるのが性分ですから(マスコミ自身以外)。

    >河川敷にスマホを埋めるのを見られてしまった
    まああれはあれで執念の尾行の結果なので(笑)。
    現実の愉快犯はまったく美形でも魅力もなかったあたり現実的でしたが。

    • 「スフィンクスの謎かけには実は異説があって…」というくだりは良かったんですから、ここはもう少し丁寧にシナリオを練って欲しかったところですね。日本の警察をただの無能なやられ役として描いてしまうと面白味もなくなりますので、高い次元での頭脳戦に期待したいです。

      >警察の奥に簡単に侵入できたのもうーん
      警察署といっても役所みたいなものですから、そんなに警備が厳重でもないのでは。

      >あれはあれで執念の尾行の結果
      確かにそうですね。「デジタル犯罪に打ち克ったのは地道なアナログ捜査だった」と考えれば、あれも劇的な幕切れでしょうか。

  1. 残響のテロル フジ(7/16)#02

    EPISODE 02 CALLRESPONSE 東京都庁の爆破はテロと断定される。対策本部での会議。事前に火災報知機が鳴ったので死者は0。ネットのスピンクスと名乗る犯罪予告の投稿者は不明。突き止めるの…