たまこまーけっと第1話「あの娘はかわいいもち屋の娘」雑感

「けいおん!」なのに男が出ている違和感! しかし、ラブコメ要素を欲する私としては、このもち蔵君の存在は大きなプラスですよ~。ずっとたまこに片想いしていて、毎年渡せなかった誕生日プレゼントを溜め込んでいるところなんてカワイイじゃないの。

このアニメ、何か既視感というか以前どこかで見たことあるなぁ(けいおんではなく)と頭に引っかかっていたんですけど、今ようやく思い出しました。「それでも町は廻っている」だ。街の住人たちとのふれあいを描いた少し不思議な日常コメディという点で、非常に近い空気感を出していますね。主役の女の娘に片想いしている男子という点でも、「それ町」の真田広章そのもの。

別にパクリと糾弾したいのではなくて、「それ町」が大好きなアニメだったので、あんな雰囲気の作品になってくれたら嬉しいなという好意的な感想。1話見ただけでもそれなりに満足感ありましたし、喋る謎の鳥モチマッヅィは愛嬌があって面白かった。声が完全にケイネス・エルメロイ・アーチボルトさんなのもツボ。

女の娘は京都アニメーション安定の可愛さ。たまことあんこの姉妹なんてあざとさ120%なんですけど、これだけ可愛けりゃそのあざとさにも目を瞑りますよ。たまこのころころ変わる表情を見ているだけでもほわほわ温かい気持ちになれます。

たまこまーけっと (1) [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2013-03-20 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 347 より )

Amazon価格:¥ 1,200

時間:48 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL