Steins;Gate第7話雑感

ようやく話が「っぽく」なってきました。世界線を移動する瞬間はわかっていてもぞくっとくる。タイターとメールをやりとりしている最中、後ろで見守っているような紅莉栖の演出は良かったですね。

ただ、あそこでのタイターとのメールのやりとりで真に重要なのは、アトラクタフィールドの説明であるはず。なのに、アトラクタフィールドの「ア」の字も出てこなかったのが謎。アトラクタフィールドはSteins;Gateの世界の成り立ちを示す重要なタームなんですから、ここをスルーしちゃいけないでしょと。「世界線の移動」だけでは、有名なコペンハーゲン解釈やエヴェレット多世界解釈と差別化できていません。まぁ、次回に持ち越しという可能性もありますが…。

STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2011-09-21 )

定価:¥ 9,072 ( 中古価格 ¥ 130 より )

Amazon価格:¥ 7,926

時間:75 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。