Steins;Gate第22話「存在了解のメルト」雑感

イッツパーフェクト! 持ち上げたり叩いたり毀誉褒貶の忙しいアニメですけど、今回は文句なしに素晴らしかった! 特に良かったのは、22話のハイライトでもある岡部の告白→紅莉栖のキスのくだり。

お前のことは絶対に忘れない
誰よりも大切な人のことを忘れたりしない。
俺はお前が好きだ。
お前はどうなんだ?

相手の目を見据えながら、立て続けにストレートな言葉をぶつけてくるオカリンの男らしい告白に痺れました。

(各5点満点)
 態度(アティテュード)
 時宜(タイミング)
 情動(エモーション)
 語彙(ボキャブラリー)
 勇気(ブレイブ)
 愛情(ラブ)

これはかなりの高得点! 日本告白審議会の委員を勤める私も納得の告白でございます。やはり普段のオカリンとは違う真摯な態度と、気持ちの入った告白がポイント高かったですね! 語彙がやや低いですが、こういったシンプルな告白も全然悪くはない。

そのあと、返事をキスで返す紅莉栖もオシャレでしたが、キスされたオカリンが改めて「今のは印象としては弱い。もう一度だ」と改めて自分から紅莉栖の唇を奪うのが最高。日本キス審議会の委員を兼任する私も納得の(以下略)

この22話までがいわゆる紅莉栖ルートに該当する部分。正直、これはこれで素晴らしい結末だったと思います。残酷な二者択一の中、断腸の思いで紅莉栖と別れを告げ、総てをリセットした岡部。その岡部の苦悩を知ってか知らずか、「オカリンはオカリンのために泣いてもいいんだよ」とまゆしぃが慈愛の言葉をかけたのが感動的でした。

エンディングロールが流れる最中、鈴羽が急に割り込んできて物語が再開するという仕掛けをちゃんとアニメでも再現してくれたのは嬉しかったな。逆に言えば、この演出を再現していなかったら思いっきり罵倒していましたけどね! でも、そんなことにならなくて本当に良かったです。さぁ、TRUE ENDに向けてラストスパートですよ~。

STEINS;GATE Vol.8【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2012-01-25 )

定価:¥ 9,072 ( 中古価格 ¥ 1,089 より )

Amazon価格:¥ 2,600

時間:75 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL