Steins;Gate第19話「無限連鎖のアポトーシス」雑感

後藤沙緒里さんの演技力すげーー!! 半狂乱になりながら「携帯を返せ!」と執拗に追いすがってくる桐生萌郁は、チョットしたホラー。その鬼気迫る様を迫真の演技で見せてくれた後藤さんには、度肝抜かれまくりでしたっ。

原作だと、萌郁は必死に抵抗を見せるものの、ここまで感情的にはなりません。なので、アニメの方がより狂気的だったというか、携帯依存症の恐ろしさがひしひしと伝わってきましたね。普段、クールな彼女が感情を統御できないほどに取り乱して、つんざくような怒号を浴びせかけてくるのはめっちゃびびる! これは良い改変だったと言えますよ~。

後藤さんに負けじと、岡部役の宮野真守さんも相変わらず最高の演技を披露。「お前は見捨てられた」「用なしだ」精神的にじわじわ追い詰めていく脅しが上手すぎ。今回は演技といい、作画といい、内容といい、今までで一番レベル高いといえる出来だったので私も大満足。

このまま素直に賞賛だけで終わっても良いのですけど、やっぱり一言文句を挟みたくなるのが私の性分。というのも、萌郁のケータイを入手するとき、「殺してでも、奪い取るべきよ」と命じたのは紅莉栖なんですよね。彼女の冷血な一面を伏せないで欲しかった。

アニメでは、不当に紅莉栖を美化しているような気がしてなりません。ツンデレ成分を水増しして、視聴者に媚びるようなシーンも目立つ。そんなことしなくても、ありのままの紅莉栖で充分魅力的なのに…。

STEINS;GATE Vol.7【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2011-12-21 )

定価:¥ 9,072 ( 中古価格 ¥ 697 より )

Amazon価格:¥ 3,799

時間:75 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL