Steins;Gate第16話「不可逆のネクローシス」雑感

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したあたしは失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したあたしは失敗した失敗

この手紙の絶望感は半端なかったです。鈴羽との感動的な別れの直後に、ようやく光明が見え始めたその矢先に、一転して絶望の底へと叩き落とされる残酷。多くの犠牲を払いながらやっと辿り着いた過去の世界で、使命を果たすことなく無為に終わってしまった自分の人生への悔恨は途方もないものだったでしょう。この場面はトラウマにも似た強烈な印象として、今でも鮮明に記憶に刻まれています

しかし、この名シーンも原作の方が出来は良かった。アニメだと、手紙の冒頭を岡部が代読しちゃうんですよ…。ここは全部鈴羽に読ませるべきでしょう。最初はまだ冷静さを保ちつつも、次第に感情が高ぶり、怒気を孕むようになって、最後は涙混じりに「失敗した」と嗚咽を上げる。田村ゆかりさんは「失敗した」という1つの単語を繰り返すだけで、自責・後悔・慚愧・悲痛・怨嗟・懺悔・絶望、様々な感情を表現していたんです。

それは病的なまでに「失敗した」と書き殴り、半狂乱となって死に至った鈴羽の心境とシンクロする素晴らしい演技。アニメでその名演が再現されなかったのは残念だと言わざるを得ないですね~。

まゆしぃが「鈴羽の父親はダル」であることに気付いた推理の大本となるピンバッジを省き、何故か紅莉栖がその手柄を横取りするのも、まったく意味のない改悪。所々でガッカリさせてくれます。

STEINS;GATE Vol.6【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2011-11-25 )

定価:¥ 9,072 ( 中古価格 ¥ 297 より )

Amazon価格:¥ 1,650

時間:75 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL