Steins;Gate第11話雑感

これまでタイムマシンの詳しい原理はほとんど語られずにスルーされてきたアニメですが、タイムリープマシン完成を目前に控えた今、しっかりと説明描写を入れておくべきだったんじゃないかなー。タイムリープという行為に説得力を持たせる意味でも、ここでの小難しい理論説明を省くべきでなかったように思えます。

記憶を過去に飛ばしてタイムリープするためには、人間の記憶をデータ化しなくてはならない。そのデータ化された記憶を、リング特異点に通過できるだけの容量にしなくてはならない。そのためには、SERNが持つLHCの力を借りて、ミニブラックホールによる超圧縮を行わなくてはならない。

立ちはだかる1つ1つの難問を、オカリンとダルと紅莉栖3人が知恵を出し合い、クリアしていく過程が好きだったのに。実際に自分がタイムマシン開発に携わっているようなワクワク感を味わえましたから。

一方で、オカリンがまゆしぃの身を案じ、自宅まで走って帰るときのアニメ独自の緊迫感溢れる演出は素晴らしかった。思いっきりハラハラさせておいて、実はお風呂シーンのサービスカットという緊張→緩和の流れは見事。

さて、遂に次回は…。


STEINS;GATE Vol.6【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2011-11-25 )

定価:¥ 9,072 ( 中古価格 ¥ 297 より )

Amazon価格:¥ 1,700

時間:75 分

2 枚組 ( Blu-ray )


 

ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL