夏雪ランデブー第3話雑感

ミホさんいいなぁーー。メインヒロインの六花を差し置いて、私はすっかりメガネのお義姉さんに惚れ込んじゃいました。特に色気ある話があったわけじゃないですが、何気ない所作の1つ1つが私の心を射貫いてくる。

鰻重を上品に食事する姿は美しすぎて、ますます彼女に夢中ですよ。エロゲだったら、ミホさん攻略ルートも用意されてあるのに!!

本編での亮介と六花の恋は順調そのもの。病気で心細くなっている六花さんは、看病している亮介を自分から抱き寄せるという、またもや意表を突いた大胆な行動に。

くふぅっ! なんつうーーーーーエロさ!! 少し意地悪そうに見つめる亮介の表情と、恥じらいながらも幸福を感じている六花の表情が共に最高!! 「俺、生涯2番手でもいいんです」の殺し文句も強烈だわ。亮介は余程一途な男か、余程の女たらしかのどちらかだな(笑)

しかし、思ったより序盤で点差が開く試合展開になっちゃいました。現在、3回裏が終わって「旦那 1-7 亮介」って感じ。このままだと第5話ぐらいで亮介のコールド勝ちが決まっちゃいそうな勢いなんですけど…?

だって現状、六花さんは完全に亮介に惹かれていますし、このまま2人を放っておいたら黙っても幸せになりそう。あとはお邪魔虫の旦那さえ大人しく退散してくれれば、それで話は丸く収まるんですよ。

なのに、旦那の往生際の悪さときたら…(あ、もう往生してたっけ)。何もできないくせに駄々をこねるわ、僻み根性丸出しで邪魔してくるわ、大人げないったらありゃしない。これ以上、未練引きずるのはみっともないだけですよ? 本当に妻の幸せを願うのなら、ここは潔く身を退くのが大人の男ってもんでしょ。

否!! そんな正論クソ食らえ!! 潔さなど負け犬の自己弁護だっ!! 本当に大事なものなら諦めるな! 徹底的に足掻いて足掻きまくれ! 最後まで自分の気持ちを曲げるんじゃない! 死んでまで周りの醜聞気にしてどうする!!

前回まで3人を均等な視点で見ていましたけど、今回はどうしても旦那に肩入れして見てしまいました。それは分が悪い旦那に対する私の判官贔屓な感情のせい。無力すぎる旦那を見ているのが辛くて、ついつい彼に同情的になっちゃうんですよね~。

さすがに私も、最終的には亮介と六花が結ばれることを願っていますけど、一方的すぎる試合展開は望んじゃいません。なんとか亮介に傾いている六花の気持ちを、もう一度旦那の方に揺り戻してもらいたいものです。

亮介に憑依するという旦那の作戦が、不利な局面を打開する逆転の一手となり得るんでしょうか? 寝取ろうとする亮介と、乗っ取ろうとする旦那。2人のNTR対決に注目です。

夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【Blu-ray】

販売元:東宝( 2012-10-19 )

定価:¥ 6,156 ( 中古価格 ¥ 1,612 より )

Amazon価格:¥ 4,500

時間:45 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL