PSYCHO-PASS2第6話「石を擲つ人々」雑感

ゲームを通したドローンの遠隔操作による無自覚な殺意が襲いかかる。朱ちゃんの身が危ぶまれますが、今一番安否が気遣われるのは、先週新たに1係に加わったばかりの蓮池と須郷。この如何にもすぐ死にそうな使い捨てキャラが、目の前の危機を乗り越えられるとは到底思えない…! 果たして、「蓮池は来週辺り派手に死にますよ」という私の予言は的中してしまうのか

「野郎…! スクラップにしてやる!」

こら! いきなりそんな死に急ぐようなセリフを!(笑) 開始1分も経たないうちに、もう蓮池の死亡が確定してしまったじゃないですか~! もっと自分の命を大切にしようよ!

案の定、朱ちゃんが「単独行動は控えて!」と警告を発した直後、酒々井(しすい)にドミネーターで撃たれて派手に死んでしまった蓮池さん。見た目がモブキャラ過ぎて逆に愛着が沸いていたのに、やっぱりモブキャラはモブキャラの運命に抗えないものなのか…。

こうなったら、なんとかもう1人の須郷さんだけでも生き延びて欲しい。こちらは見た目モブではないのであっけなく死ぬことはないでしょうが、第4話で青柳監視官を射殺してしまったことの負い目があるだけに、自らの命と引き替えに宜野座に報いて、罪滅ぼしするんじゃないかと心配

須郷「自分に作戦があります。ドローンの大半を、無力化できるかもしれない」
東金「かもしれない…か。失敗した場合は?」
須郷「自分が死ぬだけです。損害とはいえない」

もう! またそんな軽々しく死亡フラグを立てて! こんなカッコイイセリフが言えるキャラが死んでしまったら大損害ですよ! ただでさえ、この作品は有能そうなキャラが少ないのに! 貴方は絶対に死んじゃダメな人です!!

結局、ドローンを引き寄せる囮役は朱ちゃんが買って出ました。ドローンは同士討ちを避ける構造上、一定の射角内に同じドローンが存在すると銃にロックがかかるセーフティーがある。その性質を利用して、一箇所にドローンを引き付けてから一気にまとめて殲滅する作戦

作戦は思惑通りに進み、倉庫内にドローンを集中させると、自分はクレーンにぶら下がりながら間一髪脱出。そして、爆破を起こして引き寄せたドローンを一網打尽。朱ちゃんは危険な役目を見事にこなしました。この辺のアクションはハリウッド映画っぽくてすごく良かったですね。カッコイイBGMでがんがん盛り上げてくれて、かなり熱くなりましたよ。

須郷は脚を撃たれて重傷こそ負いましたが、奇跡的に死亡フラグを回避。彼はピンチに陥る宜野座を救う役目かと思っていたら、逆にピンチに陥った須郷を宜野座が救う展開。ドローンにスーパー宜野座ナックルをお見舞いしてやったのは超格好良かったです!(笑) 宜野座さんの全盛期や!!

鹿矛囲(かむい)と酒々井は、目的であったドミネーターの強奪にまんまと成功し、海路から逃走。水際で追いついた朱ちゃんはドミネーターを構えるも、やはりドミネーターは鹿矛囲を認識せず。代わりに東金が通常銃器で狙いを付けるものの、東金の姿に狡噛さんが一瞬フラッシュバックした朱ちゃんは、慌てて彼を制止する

ここで東金と狡噛を重ね合わせた意味はなんだったのでしょう? 単純に狡噛のことが彷彿しただけなのか、それとも東金と狡噛に何らかの因果関係があることの示唆だったのか。東金と狡噛が同一人物ではないかという予測は以前から一部でありましたが、本当に彼は狡噛さんだったりするのかな? トウガネとコウガミって響きは似ていますけど…。

でも、仮に彼が狡噛さんだったとすると、朱ちゃんをストーキングしているのは変ですし、犯罪係数がクリアな彼女を見て「黒く染めてやりたい」と呟いたのも変。狡噛さんはどこかのタイミングで登場するでしょうし、東金の正体はPSYCHO-PASS2の大きな謎の1つですが、やはり2人が同一人物とは今のところ考えにくい…

★今週の常守朱★


どんなに心的負荷がかかる状況でも、ちっともサイコパスが濁らない朱ちゃんは無敵だね! 常に色相がクリアに保たれている理由は、朱ちゃんが生娘だからかな! 来週も頑張れ朱ちゃん!

PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1<初回生産限定特典/スペシャルイベントチケット優先販売申し込み券> [Blu-ray]

販売元:東宝( 2014-12-17 )

定価:¥ 7,020 ( 中古価格 ¥ 135 より )

Amazon価格:¥ 1,640

時間:47 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。