PSYCHO-PASS第6話「狂王子の帰還」雑感

いつの間にか朱と縢(かがり)の関係性がものすごく進展していた! 彼の部屋で手料理を摘みながら、2人きり仲良く酒を酌み交わす姿を見て、「え、こいつらデキてんの!?」と一瞬焦ってしまったほど。てっきり朱は狡噛に惹かれているものと思っていたのに、まったくその気なさそうに笑い飛ばしていたのが不憫だ…。

「縢君って、恋したことあるの?」
「いや、縢君が弱すぎ」

真面目ちゃんの常守朱は仕事仲間とは常に敬語で接するようなタイプだと見ていましたので、こういう風にタメ口で喋るフランクな一面があったのは嬉しい! ますます朱ちゃんのことが好きになってきました。年下の朱が「縢君」って呼ぶところは萌えるね。その縢が28歳の狡噛のことを「コウちゃん」って呼んでいるのも萌えるけど。

狡噛の過去が少しずつ明らかに。彼が執行官に降格させられた背景には、ササヤマという部下が殉職した事件が関係しているらしい。未だ解決を見ないこの迷宮入り事件を、狡噛は1人執念深く追い続けている。って、和久さんっ!!

これまで起きた一連の事件は関連性がないようで実は裏で繋がっていた。それは殺意を持つ人間に近づき手段を与えて実行させていたというもの。言わば殺人のスポンサー。裏で殺人を教唆している黒幕(恐らく槙島)こそ、ササヤマを死に追いやった張本人である可能性が大。

ストーリーは段々面白味が増してきましたが、第6話のエピソードとしては、猟奇的な殺人犯によるグロい死体のオンパレードだったので気が滅入ってしまう…。リアルにサイコさんなお話だったじゃないですかぁ!

美術部部長璃華子のスケッチ通りに死体を飾り立てるという悪趣味っぷり。次なる標的はツインテールの娘(葦歌)か。首を刎ねて両腕を削いでと、早くもどういう風にデコレーションしてやろうか思案中なのが怖い…。

女学院の雰囲気といい、美術品に見立てた死体といい、まんまInnocent Greyさんの殻ノ少女を彷彿させるシナリオでしたよ。虚淵版殻ノ少女、さながら虚ノ少女ですね。

★今週の常守朱★

今週は特に何も仕事していなかったね! 次回はセーラー服に着替えて学園に潜入捜査だ! 来週も頑張れ朱ちゃん!

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.2 [Blu-ray]

販売元:東宝( 2013-01-25 )

定価:¥ 7,236 ( 中古価格 ¥ 576 より )

Amazon価格:¥ 645

時間:68 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL