輪るピングドラム第23話「運命の至る場所」雑感

最後は晶馬と冠葉の対決かぁ。仲の良い兄弟だった2人が、思想を違えていつしか敵同士になってしまうという展開は大変面白いと思うのですが、どうも晶馬VS冠葉に燃えてくるものがない。それは冠葉に比べて晶馬の行動理念があまりに薄っぺらいからですよ。

冠葉の目的意識はハッキリしています。手段選ぶことなく、陽毬を助けること。その是非はともかく、冠葉は終始一貫目的に向かって行動し続けてきた

一方、晶馬の目的はなんなのか? 陽毬を助けたい? 犠牲を食い止めたい? 「誰も傷つけたくない」といった理想論を語るならそれでもいいんですが、彼はそれすらも明確ではなく、ただ目先の出来事に善悪を決めつけているだけの浅い考えなんですよねぇ。

序盤は冠葉より晶馬の方が行動的でしたけど、それは陽毬に「ピングドラムを手に入れろ」と命じられたからそうしていただけ。ピングドラムが有耶無耶になってからは、途端に晶馬は目立たなくなってしまう。つまり、他人からああしろこうしろと言われたら動けるけど、自分の考えでは何も行動できない人間ってことですよ。最終的に晶馬はどうしたいのかがまるで見えてこないので、私は23話まで来ても晶馬に感情移入できていないんです。

最終話で晶馬の深い考えが明らかになる可能性もありますけど、現時点では残念ながらそこまでの期待感は…。ゆえに、私は晶馬と冠葉の戦いにイマイチ心躍るものがなくて、もし晶馬が勝ってしまうことにでもなれば、拍子抜けすること確実。時間はたっぷりあったんですから、晶馬のバックボーンを冠葉に負けないぐらい描いて欲しかったなぁ。

言っちゃ悪いですけど、冠葉に撃たれて晶馬はそのまま死んでいても良かったな。主要キャラの面々はみんなしぶといですよね! 陽毬も晶馬も冠葉も苹果も真砂子も多蕗も一度は「死んだ!」と思わせるシーンがありながら、結果、まだ全員生きている。誰も死なないアニメ。その辺もなにか必然的なメッセージがあるのかなぁ。

シリアスな展開の中で、このCMを挟むのはダメだと思う(笑)

輪るピングドラム 8(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2012-05-23 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 2,250 より )

Amazon価格:¥ 6,500

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.