輪るピングドラム第17話「許されざる者」雑感

タコ焼きの具材を勝手に漁って食い尽くしたり、食材のタコに逆襲を食らったり、真面目な話の最中に繰り広げられるペンギンの寸劇が面白すぎて、ストーリーが全然頭に入ってこない~! ていうか、なんでタコ焼きに生きているタコが何匹も必要なのか(笑) ペンギン1号はタコとすっかり意気投合して一緒に女性のスカートを覗き見しているし! これが本当のミニにタコ?

15話の温泉バトルで偽物の日記を掴まされ一杯食わされた真砂子が、改めてゆりと対峙して再戦。牝狐VS生娘の仁義なき罵り合いはあまりに醜い(笑) しかし、この口喧嘩合戦は真砂子の方が一枚上手だったように感じましたね~。

この間は素敵な歌声をありがとう。少しピッチがずれていたようだけど。
賞味期限が切れた貴女には、自分の人生をディスカウントするしか生きる術がない! 安いグラビア雑誌がお呼びよ!

この痛切な嫌味は、何気に能登さんの歌唱力批判もしていて笑えます!

ギャグ成分多めの話の中でも、気になったのは多蕗の動き。「実行犯と家族は別だよ。僕はもう彼らに特別な感情を抱いてない」と高倉兄妹には恨みはないと理性的に語っていた多蕗が、一転して「今日、僕は高倉家の人間に罰を与えるよ」と陽毬の身に危機が及ぶ急展開。やはり腹は別で復讐心は持っていた? 多蕗が最後の黒幕的ポジションになりそう…。

輪るピングドラム 6(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2012-03-28 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 2,250 より )

Amazon価格:¥ 7,000

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.