輪るピングドラム第8話「君の恋が嘘でも僕は」雑感

プロジェクトM(マタニティー)を発動させるべく、床下から多蕗の寝室へと忍び込み、手際よく服を脱ぎ捨てて夜這いをかけるも、布団の中は蛻の殻。多蕗はゆりとの結婚に備えて既に居を移していたのだった。

作戦が失敗に終わってしまった苹果は、ゆりが大阪講演で家を空けている今がラストチャンスと、多蕗とゆりの新居へと押しかける。睡眠薬入りモンブランで首尾良く昏倒させたところで、再度夜這い開始。が、晶馬の必死の制止とゆりの突然の帰宅によってまたも計画は未遂に終わる。

つまり、1話の中で二度の夜這い失敗を見せられたわけですが、ここは1つにまとめても良かったと思う…。苹果ちゃんの異常行動は1つ1つはとても面白いんですが、床下進入、デート、そして今回の夜這いと、それぞれ二度同じことを繰り返しているんですよ。ここにくどさを感じるんです。

最初の夜這いが未遂に終わった時点で、晶馬が「君は、僕が今まで出逢ったどの女の娘よりも、心が真っ黒だ!」と叫ぶ展開に持っていけば、それですんなり次に進めたはず。二度目の夜這いを描く必要性があったとはどうしても思えないんですよね。不当な引き延ばしをされているような感じがして気分がよろしくない。実質、8話で中身があったのはOP前の30秒のアバンとED前3分の急展開だけなんですもん…。

その最後の3分間はさすがに見応えありました。「あなたは自分の都合いいように、表面的に家族のカタチを取り繕っているだけじゃないの?」苹果の発言に感情的になった晶馬を見ると、やはり高倉家は裏に大きな家族問題を抱えているっぽい。両親がおらず、立ち退きを迫られている住まいに執着するのは、何かしら理由があるはず。

未来日記の奪われ呆然自失としている苹果が車に轢かれそうになったところを、身代わりになって車に撥ねられた晶馬。命に別状はないと思いますが、これからどう物語が動いてくるのか楽しみですね。あ、そういえば、今回生存戦略なかったな。

輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2011-12-21 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 380 より )

Amazon価格:¥ 2,740

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL