輪るピングドラム第7話「タマホマレする女」雑感

プロジェクトMのMはマタニティーのMだったんですか! 「ももか」より「マリッジ」の方がまだ答えとしては近かったですねー。

多蕗とゆりが婚約発表を行ったことで、あとがなくなった苹果は多蕗の寝込みを襲って自ら子を宿すことを決意。まさにストーカーとしての最終手段ですが、さすがにこんな犯罪計画が成功するとは思えないですし、晶馬もそろそろ彼女の異常行動に本気でストップを入れる頃だと思う。

最近、2人は妙に仲が良くてフラグ立っている感じですし、普通のアニメだったら、このまま恋破れた苹果と晶馬がいい関係になるパターンなんですけどねぇ。果たして、そんなお約束が輪るピングドラムに当てはまるのかどうか。

苹果&晶馬の仲が急接近している中、兄の冠葉があまり表だって行動しなくなったのは個人的に少し寂しい。愛する妹陽毬のために、シスコン兄弟が力を合わせて困難に立ち向かうって構図好きだったのになー。もっと冠葉&晶馬の場面が見たいよ!

「多蕗も男だ。そこを攻めれば一夜の過ちってことも…」 今回の生存戦略で見せた冠葉の表情は最高に格好良かった。こういう薄ら笑みを浮かべた悪人顔好きだわー。手枷足枷されながら、強気な表情っていうシチュエーションもそそるわー。

輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2011-12-21 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 301 より )

Amazon価格:¥ 2,894

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL