輪るピングドラム第6話「Mでつながる私とあなた」雑感

話は重くてシリアスなのに、演出が軽くてギャグ調という壮大なギャップ。だからどこまで本気なのか、どこまで深読みしていいものなのか、ボーダーラインが曖昧で良い意味でわかりにくいんですよ。コメディタッチの演出が、一種の煙幕になっている感じ。

第6話も整理しきれないほどたくさんの情報に溢れていましたが、とりあえず、苹果の身の上は何となく見えてきました。苹果には姉がいて、その姉は既に亡くなっている。未だに死んだ姉の存在を引きずっている母親のためにも、苹果は自分が姉の代わりとなり、亀裂が走ってしまった家族仲をもう一度取り戻そうと考えた。

そのために、姉の遺した運命日記の記述通りに従うことを決意。執拗に多蕗をストーキングし続けるのも、生前多蕗と交際関係にあった姉の想いを自分が果たしてあげようという気持ちから。脳みそド腐れゲロ豚ビッチ娘と思われた苹果ちゃんは、実は誰よりも家族想いで健気な少女だったんですね~。

そう考えると、彼女の必死の頑張りに思わず涙が零れてきそうなんですけど、如何せん、普段の苹果の行動があまりに常軌を逸していて、且つ超楽しそうなので、本当に“家族ため”なのか疑わしくなってくる(笑) 床下に潜り込み多蕗との“初夜”を迎える時も、完全に発情していて、「ストーカーは絶対自分の趣味だろ!」と突っ込まずにいられませんよ~! この辺が“どこまで本気かわからない”ところですね。

苹果が口にした「プロジェクトM」のMは、ストレートに読めば姉の名前である「ももか」のことでしょうけど、前回から裏で暗躍している謎の女性、夏芽真砂子も何やらプロジェクトMに関与しているようなのが謎。1つ謎が解けそうになったら、また次に新たな謎を盛り込むという、視聴者の興味を切らさない引っ張り方はさすが。

輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2011-11-23 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 129 より )

Amazon価格:¥ 990

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。