輪るピングドラム第5話「だから僕はそれをするのさ」雑感

久宝阿佐美の記憶が何者かに消されたこと、冠葉がどこからか大金を工面したこと、苹果の両親が離婚していたこと、そして父親が再婚を考えていること、Aパートだけでいろいろ動きが見られた第5話。特に冠葉は家族にも明かせない大きな秘密を抱えているようで、今後彼がどういう立ち回りをしてくるのか気になります。

Bパートでは、2週ぶりの生存戦略。ますます増長っぷりに磨きがかかってきた女王様バージョンの陽毬の口の悪さと来たら!

黙って聞いてりゃあ、たかがメス豚の分際で勝手放題抜かしやがって
どうかしてるのは貴様の方だ。このストーカーのド変態女
妾に口答えするとは汚らわしい。この脳みそド腐れゲロ豚ビッチ娘が

冠葉の代わりに初めて異空間へ連行されてきた苹果に対し、この容赦のない罵詈雑言の嵐(笑) 棒読み口調での淡々とした罵倒が妙にツボにはまる~。

しかし、苹果が持つ運命日記を晶馬に渡せと直接命じたってことは、やっぱりあの未来日記がピングドラムなのでしょうか? 私は日記帳はミスリードで、ピングドラムとは無関係な代物だと思っていましたが…。

怒った苹果は怒濤の勢いで陽毬に詰めより、ペンギン帽子を掴み取る。陽毬の命を繋ぐ大切な帽子をそうとは知らず投げ捨ててしまい、帽子を載せたトラックを必死に追いかける展開は、偶然(?)にもまどか☆マギカ第6話とまったく一緒。あっちも、さやかの命を繋ぐ大切なソウルジェムをそうとは知らず投げ捨ててしまい、ソウルジェムを載せたトラックを必死に追いかけていましたからね。

盛り上がってきたところで関西は次週放送お休み…。そんな殺生な。

輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2011-10-26 )

定価:¥ 9,504 ( 中古価格 ¥ 150 より )

Amazon価格:¥ 1,910

時間:72 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL