PERSONA4第18話「Anniversary to Become a Family」雑感

どんなシリアスなシーンでもギャグに走らないと我慢できない病かと思われたPERSONA4の監督さんでも、感動話のときだけはちゃんと自重できるようで。前がいつだったか憶えていないぐらい、久々に笑いが一切なかった回でした(正確には、マーガレットさんが冒頭で壮大なボケをかましていましたが)。

仕事が忙しくて子供に構ってやれなかった父親と、そのせいでずっと寂しい思いをしていた娘。親子愛をテーマにしたシナリオでは定番中の定番といえるものですけど、菜々子ちゃんがあまりにいい子すぎるのでグッと来る。ていうか、いくらなんでもお利口さんすぎるので、もう少し子供っぽい未熟さやワガママさを出してもいいんですけどね~。

パラメーター上昇に伴って、主人公のいい男度合いもぐんぐん上昇。遼太郎に対して意見するときも、ただ子供の理論を振りかざして叱責するのではなく、ちゃんと父親としての苦悩に理解を示しつつ、年長者への敬意を持った上で意見を言えるのが素晴らしいと思う。これだけ大人の視点で配慮できる主人公も珍しいです。ゲームでは一切言葉を発しなかったのに、アニメではこんなに言葉に重みのある主人公になるなんて。

作画は今回も微妙(目の辺りがおかしい)だったんですが、ペルソナ4は作画がチョット崩れている方が格好良く感じる不思議なアニメ。

ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2012-02-22 )

定価:¥ 8,208 ( 中古価格 ¥ 404 より )

Amazon価格:¥ 3,980

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.