PERSONA4第9話「 No one sees the real me」雑感

アイドルりせちー登場回。専用OPを作ってもらうほどの優遇っぷりに、スタッフからの愛され具合が見て取れますね。ただ、原作はもっと「後輩」のイメージで幼さが感じられるキャラだったのに、アニメのりせはなんだか大人っぽさを感じる。釘宮さんの演技も少し違うような…? 私はアニメの方が断然好きですけど!

りせちー専用OPで全精力を使い果たしたのか、本編では瞬きすらしない止め絵を長尺で見せられるなど、作画に少し疲れが見えていた感じ…。キャラデザもなんだか独特の癖があり、猫目っぽく描かれているせいで別キャラのようになっていました。でも、個人的にはそれが嫌ではなく、むしろ普段より好きな絵柄だったり。作画崩壊は作画崩壊でも“嬉しい作画崩壊”といえますね。

花村に生足を吟味されて、恥じらいながら睨み付けるときの千枝ちゃんの表情は死ぬほど可愛い~。元々、アニメの千枝ちゃんは原作の5割増しで可愛いんですが、今回は7割増しで可愛かった!

雪子様も相変わらずお美しくて、誰かに恨みを買っている可能性はないかと問われ「ないよ」と真顔でキレ気味に即答するシーンが最高。自分は誰からも恨まれていないと自信満々に断言できる面の皮の厚さが素敵です! 雪子様!

ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2012-01-25 )

定価:¥ 8,208 ( 中古価格 ¥ 179 より )

Amazon価格:¥ 1,430

時間:72 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。