PERSONA4第1話「You’re myself, I’m yourself」雑感

冒頭のベルベットルームのBGMが、ゲームのままだったことにまず感動! 更には、OP曲や日常シーンに至るまで、BGMは原作のものとまったく一緒なんですね~! ペルソナシリーズは音楽がとっっっても印象的な作品なだけに、こうやってゲームで実際に使われていた音楽がそのまま流れると超テンション上がってきますよ!

原作通りだったのは音楽だけではなく、脚本も可能な限りゲームシナリオに近付けてくれている。主人公のセリフが選択肢の文章そのままだったり、CM前のアイキャッチで主人公の現ステータスが表示されたり、日付変更の演出までゲームと寸分違わず同じだったり、原作をプレイしたことのある人間は30分ニヤニヤしっぱなしの再現性

ペルソナ戦闘シーンでも、原作通り英歌詞付きBGMが流れて、高揚感を大いに煽ってくれました。途中のカットインもこれまた原作同様で、思わず「おお!」と叫んでしまいましたよ!(笑) いや~、かつてこれほどまでに原作ゲームを意識したアニメがあったでしょうか。

このような作りは1話限定なのか、それとも今後も続いていくのかはわかりませんが、個人的にはずっとこんな感じであって欲しいと願います。ゲーム原作アニメに駄作が多いのは、中途半端にアニメナイズさせるからであって、P4のように開き直ってゲームテイストをそのまま移植させた方が絶対面白い

あまりにゲームのまんますぎて、話の繋がりとか怪しいところもありましたがその辺はご愛敬。主人公が根暗すぎるのも、いずれコミュ力のステータスが上がっていけば改善されて行くと思いますので、それまで我慢してください(笑)

ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2011-11-23 )

定価:¥ 4,320 ( 中古価格 ¥ 1 より )

Amazon価格:¥ 1,580

時間:25 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。