お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ総括

ああ、なんて低俗でくだらないアニメなのか(笑) バカしかいないキャラクターと、まったく無遠慮無節操のエロ。OPで口内射精やら顔射やら対面座位やらフェラチオやら騎乗位やらをしでかしている最低なアニメですからねぇ~。もし私がPTA役員だったら厳重に抗議していますよっ! 私がPTAじゃなくて良かったね!

最大の見どころは、やっぱり妹秋子の可愛さ! 久しく妹キャラにときめいていなかった私に久々のヒット! 愛するお兄ちゃんと結ばれるために安易な実力行使に及ぶのではなく、理屈で説き伏せて、自分に惚れさせようとする心構えが素敵じゃないですか~。お兄ちゃんへの偏愛は完全に頭がおかしいレベルですけど、それ以外は割と常識人なのが尚いいよね。他のヒロインとの絡みだと、結構秋子はまともだったりしますもん(笑)

しかし、そんな秋子萌えの障壁となっていたのは、彼女の声優が14歳の中学生であったこと。制作側としては年端もいかないJCに際どいセリフを言わせて視聴者を喜ばせようとする意図があったんでしょうし、実際ニヤニヤしながら喜んでいたファンも多数いたみたいですが、私はまったく逆。罪悪感の方が上位に来て、素直に楽しめなかったのです。

声優はプロの仕事という認識の私は、学生が片手間に声優業やっていること自体賛成できないのに、こんなエロアニメに14歳の中学生を起用するなんて不快に思えるレベルですよ。エロは好きなだけ自由にやるべきですが、そこに子供は巻き込まないで欲しい。

それでも、木戸衣吹さんは非常に優秀な声優さんであり、第1話では拙く違和感があった演技も、第2話・第3話と回を重ねるごとにめきめきと上達。終わり頃には、本職の声優さんに引けを取らない実力者に成長されていて、結果として「14歳」ということを意識することなく物語に没頭できたのが幸いでした。

こんなアニメに未成年の声優を起用するのは今でも反対ですが、木戸衣吹さん自体は素晴らしい声優になれる素質をお持ちの逸材ですので、これからキャリアを積んで更なる活躍を期待したいですね。

当初は秋子以外は興味対象外だった他のヒロインも、終盤になるにつれ段々好きになってきたのも僥倖。アナスタシアはノーパン回でやられたというか、好きになりましたね~。パンツ穿いていないのに、わざわざミニスカをチョイスするアホさ加減がいい(笑)

結局、12話を費やして何も話が進展しない純度100%のバカアニメでしたけど、それは求められている用途をキチンと把握している良アニメだったという証明。私は原作ラノベ、漫画、アニメの順番でこの作品を拝見しましたが、アニメが飛び抜けて出来が良かったです。

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ Vol.1 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー( 2012-12-26 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 500 より )

Amazon価格:¥ 1,387

時間:50 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. 原作→アニメで作品を楽しみました。
    アニメは原作のエピソードの取捨選択と、
    順番のシャッフルが上手かったと思いました。
    人類は衰退しましたのシャッフルが下手だったのと対照的。
    1巻の銀兵衛の叙述トリックを大胆に丸々カットしたり、
    アニメ放送開始後に発売された原作8巻の内容も入っていたり。
    (ただ眼鏡姿を秋人に見られるのを嫌がる秋子のエピソードがカットされたのは残念。)

    原作も各ヒロインがあの手この手で、秋人との距離を詰めようとし続け、
    話自体が殆ど進まないのは同じですが、
    原作の方が文章でどうしてもボリュームがあるだけに、
    くどかったり、飽きたりする傾向がありました。
    (特にアナスタシアのネタの使い回しがくどい。)
    アニメは程良く無駄がそぎ落とされて、丁度良かったですね。

    木戸衣吹さんについては、
    キッチリ仕事してくれれば何歳でも構わないというスタンス。
    浅生さんのおっしゃる通り、
    どんどん上達していて今後の成長が楽しみな声優さんです。

    最後に欲を言えば、
    浅生さんのおにあいの各話の感想も読みたかったです。

  2.  アゴストさん
    第1話で何の説明もなしにいきなりレギュラーメンバーが一気に勢ぞろいして同棲を始めるのは随分乱暴な展開だと感じましたが、その後の展開で上手く各々の見せ場を消化していたのは上手かったですね。それでいて秋子中心のバランス感覚は崩さなかったですし。

    >(原作)くどかったり、飽きたりする傾向
    ラノベ慣れしていないせいか、私も原作だけではそこまで良さがわからなかったです。漫画・アニメで映像化されることで作品の持つ魅力が伝わってきた感じ。作者は最初からちゃんとメディアミックスを計算した上で作っていそうですね。

    よし、次は実写化だ。主演は剛

    >キッチリ仕事してくれれば何歳でも構わないというスタンス
    ユキさんもまったく同意見でした。実力社会なので声優としての技量がちゃんと足りているなら私もとやかく言わないんですけど、やっぱりこういうエロに偏ったアニメに起用するのはな~というわだかまりが。

    >浅生さんのおにあいの各話の感想も読みたかった
    毎回「笑った!」「エロかった!」ぐらいの感想しか出てこないので、あまりレビュー向けの作品ではなかったように思います(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。