一週間フレンズ。第11話「大切なトモダチ。」雑感

藤宮さんのために、引いては長谷君のために力を貸してくれる九条君は、やっぱりいい奴ポジションでした。でも、わざわざ意味ありげに登場させた新キャラの割には、一体なんのために出てきたのかイマイチ存在理由がわかりにくいキャラ。視聴者の反感を過度に恐れすぎたせいか、どっちつかずの煮えきれないキャラになっちゃいましたねー。

しかし、それより文句言いたいのは長谷君の方ですよ! 一体なんなんですか彼は! 藤宮さんが親しげに話しかけてきてもつれない素振りを見せ、急に距離を置き始めやがった! あからさまに邪険にした態度にむかむか!! 気悪いわ~!!

長谷君が突然このような正気の沙汰と思えない態度を取り始めたのは、「自分も九条のように藤宮さんを傷付けてしまうかもしれない」という意味不明の発想によるもの。こういう独り善がりな考えで勝手に自己完結して、明後日の方向に突っ走ってしまう主人公はホント見ていられませんよ。藤宮さんのためだといいながら、藤宮さんを悲しませているバカ論法はホント処置無しです。

長谷君が1人で勝手に変な邪推をして、理由を説明することもなくいきなり藤宮さんを遠ざけて始めたのですから、藤宮さんとしては当然身に覚えがなく、ただ彼の豹変っぷりに狼狽えるばかり。そんな藤宮さんの切なそうな姿を見ていると、長谷君の好感度が秒速で下がっていきます

ラブコメはラスト前に愁嘆場を設けたり、擦れ違いを生じさせて、最後は逆転でハッピーエンドに持っていくのがお約束といえばお約束ですが、この展開はいくらなんでもひどい。こんな一方的な方法で擦れ違いを演出するなんて、いくらなんでも強引すぎます。チョットこの脚本は理解できませんねぇ…。

長谷君もさっさと正気を取り戻してくださいよ。困難に直面しても絶対心が折れない鋼鉄のメンタルこそが彼の最大の武器であったはずなのに、どうしてこんなフラジャイルな精神を露呈してしまっているのか。メンタルの強さを忘れた長谷君なんて、なんの取り柄もないよ!

一週間フレンズ。 vol.1 Blu-ray【初回生産限定版】

販売元:東宝( 2014-06-18 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 232 より )

Amazon価格:¥ 2,800

時間:46 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. メンタルの強さを忘れた長谷君なんて、メンタルの強さを身につけたマミさん並にキャラが弱いよ!

    傷心からやる気を失うというのは青春・恋愛モノを主体によくある展開。
    しかし、傷心のダメージによる「がんばれない」と、傷心を理由に「がんばらない」では
    キャラクターの与える印象は大きく異なってきますね。
    前者は展開によりけりですが応援したくなるものの、後者は苛立たされるものがあります。

    • 頑張れない人に頑張ることを強要するほど鬼じゃありませんので、本当に長谷君が傷付いていたならもっと同情的でした。でも彼はありもしない未来を勝手に仮定して、1人で絶望していただけなので、それで悩める少年を気取られても困ります。まぁ、1人で傷付いてるだけなら好きにしてくれてもいいですけど、それで藤宮さんにまで迷惑かけちゃダメでしょと。