一週間フレンズ。第10話「友達とトモダチ。」雑感

どうやら長谷君は、アゲンストの中でこそ真価を発揮できるタイプのようで。チャンスの追い風が吹きまくっているときは、ちっとも「らしさ」を見せてくれませんでしたが、再び藤宮さんとの距離が広がり始めると、かつての積極性が蘇り、輝きを取り戻し始めた。追い込まれるほど強くなれる男。要するにドMってことですね。

長谷君との出会いによって、少しずつ記憶喪失症状の改善が見られつつあった藤宮さんが、かつての友人九条との邂逅によって、再び元通りの症状に戻ってしまった。日記での記憶継承は続いているので、長谷君との関係性は持続できていますが、それでも以前のようなラブラブ感は失われ、どこかぎくしゃくした関係に…。

そこで悪の元凶である九条と初めての直接対話。長谷君が藤宮さんに気があることを一発で見抜いていた彼は、そのまま「藤宮は俺のものだ」とライバル宣言を叩きつけるのかと思いきや、逆に「俺、藤宮香織のこと大嫌いだから」と自分は寝取り要員ではないことをアピール。やっぱりイマドキ主人公の競争相手となるストレートな恋敵は描けないか…。

しかし、こうなると九条君の立ち位置がよくわからなくなりますね。恋のライバルどころか、噛ませ犬ですらないなら、一体彼は何のためにのこのこ現れたのでしょう? 藤宮さんが記憶喪失に陥った原因を解く鍵となるのかもしれませんが、それだけなら思わせぶりに男の新キャラを出す必要もなかったような…。なんか存在意義が希薄な感じ。

やっぱりここは、思い切って“藤宮さんの元カレ”という設定にした方が面白かったと思うんだけどなぁ。泥沼の三角関係で争うのではなくて、むしろ元カレとしての立場で長谷君にアドバイスするような。

自分は力不足ゆえ、藤宮さんの記憶を取り戻すことも、関係を維持することも難しかった。だから、その役目を長谷君に託したいとか。元カレ(九条)にはできなかったことを長谷君が成し遂げるなんて、それはそれで男としてカッコイイじゃないですか! ……そういうのダメ?

私の妄想はともかく、わざわざこんな不穏なキャラを持ち出してきたからには、やっぱり何かしら重要な役割を担ってもらいたい。手強い敵でもなければ頼れる味方でもない、そんな中途半端なハッタリ野郎に終わることだけは許されませんよ。少なくとも、腑抜けている長谷君の尻に火を付けてくれる存在にはなってもらわなくては。

藤宮さんの話が重く沈みがちな中で、桐生君と山岸さんのほのぼのした恋愛が同時進行しているのはいい気分転換になっています。依頼心丸出しの山岸さんが「旦那になって」ととんでもない冗談を言い出したことに、さすがの桐生君もげんこつで叱りつけていましたが、実は顔を真っ赤にしながら満更でもない様子だったのが可愛すぎる(笑) この2人も早くくっついてもらいたいな~。

一週間フレンズ。 vol.1 Blu-ray【初回生産限定版】

販売元:東宝( 2014-06-18 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 198 より )

Amazon価格:¥ 2,800

時間:46 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL