一週間フレンズ。第7話「「ほっ」の友達。/「ふぅ」の友達。」雑感

ど、どうなってんすか? 藤宮さんが異様にカワイイんですけどっっ!! 今までも勿論カワイイとは思っていましたけど、ペーソスを脱ぎ捨て、元来の明るさを取り戻した藤宮さんはとんでもない可愛さに覚醒している…!! この第7話の感想は、逆さに振っても「藤宮さんカワイイ!」という言葉しか出てきません。そんな藤宮さんの可愛かったシーンを1つずつピックアップしていこう!

新しくできたクラスの女友達に、長谷君との仲を問い質されるシーン。「長谷君とどういう関係なの~?」と冷やかす気満々で訊ねられたら、普通は恥ずかしがって口ごもったり、思わず誤魔化してしまうもの(難聴で聞こえないフリとかね)。でも、藤宮さんは一切動揺する素振りなく、堂々と本音で返答していた。冷やかしている側が逆に狼狽してしまうほど、まっすぐな受け答えで返せる人って本当に好き。私はやっぱり、恥ずかしがる人より恥ずかしがらない人の方が好きだな。

と言いながら、友達に「香織ちゃん」って名前で呼ばれて、「はーい」と顔を真っ赤にしながら返事していた藤宮さんには死ぬほど萌えたんですけど(笑) 結局、恥ずかしがらない一面と恥ずかしがる一面、その両面があってこその魅力ですね。単なる恥知らずじゃ萌えませんし、某河合荘の律ちゃんみたいに赤面してばかりなのも飽きますから。

最近、影が薄くなったともっぱらの噂の長谷君ですが、「藤宮さんと2人きりで勉強したい」と久々に男を見せてくれました。彼女の部屋で……とはいかず教室での個人指導でしたが、それでも藤宮さんと膝を突き合わせてのお勉強はすごい幸せそう。こんな明眸皓歯な彼女に目の前で見つめられていたら、見惚れて勉強なんか手に付かないですよ~。

「いつも長谷君には支えてもらってるし、私が力になれることがあるなら、させてもらいたいの」
「だから、わからないところは何でも聞いてね」

藤宮さんの天使のような可愛さに魅了され、思わず本人の前で「カワイイ」と口走ってしまう長谷君。

「男の人にカワイイって言ってもらったの、初めてだったからびっくりしちゃった」
「でも、素直に嬉しい。ありがとう」

カワイイって言われたあとのリアクションも100点じゃないですか! 見え透いた謙遜で頑なに否定するより、こうやって「嬉しい」「ありがとう」って笑顔で返した方が絶対にいい! ちなみに「そんなの言われなくてもわかってるよ」と返せたら200点でした(笑)

次に長谷君が山岸さんが仲良さげに振る舞うのを傍目で見ていて、複雑な胸中を覗かせたシーン。この軽く嫉妬していた藤宮さんがたまらんです!! 露骨に表情に出すのではなく、笑顔のままってのがまたいいよね! 嫉妬の仕方まで100点付けたくなる! 山岸さんが教室から出て行ったあと、思わず「ほっ」と安堵したのもカワイイ~~!!

学校は、もうすぐ夏休み(夏服でも半袖じゃなく、ちゃんと長袖を腕まくりしているオシャレが細かい)。夏休み中藤宮さんに会えないことに不安を抱えながらも、「夏休みも会おう」の一言がなかなか言い出せない長谷君。この気持ちはすごくわかる…。「後で言えばいいや」と、ついつい逃げたくなる気持ちすっごくわかるよ。大体、藤宮さんがケータイ持っていないのが悪い(笑)

長谷「俺だって…。それなりに行動力あるよ」
桐生「現時点で話したいことも話せてないのにか?」
桐生「本当に行動力あるんだったら今すぐ話しに行け。どうせ藤宮まだその辺歩いてるんだから。走れば間に合うだろっ」

臆病になりかけていた長谷君をけしかけてやる桐生君の友情。つくづく彼は最高の友達キャラですよねぇ。背中を後押ししてくれる友人って本当に貴重だと思う。自分1人じゃどうしたって行動力に限界ありますし、こんな風に友達が励ましてくれることで、人は奮起できる。良い彼女を作るためには、まず良い友達から!

勇気を出して藤宮さんに意志を告げたら、彼女からちゃんと色好い返事をもらえました。その上、手を握りながら「夏休みもいっぱい会おうね!」とにっこり微笑みかけてくれる藤宮さんに長谷君も私もメロメロ。ぐうかわ。

彼女のすごいところは、その絶妙なアジャスト感覚。媚びすぎず、畏まりすぎず、天然すぎず、これ以上は「あざとい」ってラインを超えそうで超えてこない。サッカーでいえば福西、バスケでいえばケビン・ガーネットのような、ファウルギリギリのラフプレイをしてくる感じ(笑) そういう意味では、実は一番あざといヒロインなのかもしれない…!!

夏休みに入っても、お互い導かれるように学校の屋上に足を運んで逢い引きする睦まじさ。月曜日を迎えても、藤宮さんが長谷君の存在を微かに記憶していたというのは、今後のストーリー展開に期待を抱かせる大きな前進ですね! もしかして、これは友達ではなく恋人に格上げしつつあるという意味なのかも…!?

7月14日が長谷の誕生日だと桐生君に吹聴された藤宮さんは、サプライズで誕生日プレゼント。わざわざ手作りしてくれたクッキーは当然嬉しいでしょうが、日記帳に見開きでメモしてくれていた健気さに一番感動しますよね~。これ見せられたら、落ちない男いないわ(やっぱあざとい!?)。

長谷「藤宮さんは俺のこと、どう思ってますか?」
藤宮「私は長谷君のこと好きだよ」

藤宮さんに「好き」と言われて一瞬舞い上がりそうになる長谷君でしたが、「落ち着け俺…。この先の展開は見えてるだろ?」と意外と冷静さを持っていたのは笑いました。案の定、彼女の「好き」はLIKE的なニュアンスであったことが判明すると、やっぱりなと嘆息する長谷君。なるほど、「ふぅの友達。」とはこのことですか。なんという秀逸なオチ(笑)

一週間フレンズ。 vol.1 Blu-ray【初回生産限定版】

販売元:東宝( 2014-06-18 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 950 より )

Amazon価格:¥ 2,800

時間:46 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 一週間フレンズ。第7話感想~天使の微笑み~

    タイトル
    「ほっ」の友達。
    藤宮さんがクラスメイトとガールズトーク! 恋話は男子が立ち聞きできない神聖な領域ですね(笑)。長谷君ベタ褒めで微笑ましい限りです。傍から観る…