森田さんは無口。雑感

ジャンルとしては他愛もない日常系。内容に取り立てて面白さがあったわけじゃないんですが、森田さんが可愛すぎて結局半年間最後まで見続けてしまった。森田さんは、私の中の無口キャラのイメージを劇的に変えてくれる女の娘だったんです。

今話題の家政婦のミタ然り、無口キャラは根暗・超然・冷酷・毒舌・腹黒と、どうしても非人間的な一面ばかりがアピールされがちですが、森田さんはコミュニケーションが苦手で口数こそ少ないものの、内心はとても心優しい普通の女の娘。いつも笑顔で人当たりが良く、友達も多いんですよね。長門有希のように孤立を好みたがる従来の無口キャラとは、そういう意味でも一線を画しています。

森田さんの最大の魅力は、無口キャラでありながら表情豊かであるところですよ。これが私にとってはすご~く新鮮でした。でもよくよく考えたら、無口だからと言って無表情である必然性はない。今までの無口キャラが逆に変だっただけ。森田さんは嬉しいとき悲しいときにはちゃんと感情が表情に出ますから、言葉で多くを語らなくてもちゃんと心情が伝わってきて、無口キャラ特有の「何考えているのかわからない不気味さ」がありません。

「大人しい子」というのは、正直今までマイナス属性のように捉えていた私ですけど、森田さんを通して「控えめ」で「大人しい子」の魅力にようやく目醒めた次第です。私が苦手だったのは喋らない子ではなく、感情が伝わってこない子だったんだなと。

森田さんは無口。2 [DVD]

販売元:竹書房( 2012-01-27 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 1,380 より )

Amazon価格:¥ 3,180

時間:39 分

1 枚組 ( DVD )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL