ラブライブ!サンシャイン!!第2話「転校生をつかまえろ!」雑感

初代ラブライブ!を焼き直すが如く、今回もだるいメンバー集めからスタート。私がラブライブ!を理解できなかった要素の1つに、このメンバー集めがあります。アイドルって「お願いしてやってもらうもの」なの? やりたい奴がやればいいんじゃないの? 私が知っているアイドルアニメの中で、やりたくない奴らを集めてアイドルやらせるの、ラブライブ!だけなんですよね。

Wake Up,Girls!の島田真夢みたいに、アイドルするのを躊躇するメンバーが1人~2人いる程度なら取り立てて文句も言いませんが、ラブライブ!はやる気あるのが主人公しかいなくて、他は全員消極的だから萎える。人にお願いされて「やれやれ感」を出さないと何も行動できないのは、出来の悪いラノベ主人公と変わらないマインド。「私、アイドルやりたいんです!」ってキラキラの笑顔で入部してくる方が絶対カワイイのになぁ。

初代の場合は、まだスクールアイドルという概念が世間に浸透していなかったため、部活動でアイドルをやる気恥ずかしさから抵抗を感じる人が多かったものだと解釈できました。ですが、今はμ’sのおかげでスクールアイドルが一般に認知されているわけでしょ? それならもっとスクールアイドル部に前向きな人がいてくれてもいいですし、そういう人がいないってことは、無理にスクールアイドルに誘う必要なんかないってことですよ。

そもそも千歌がここまでスクールアイドルにこだわる理由は何なのでしょう? 自分がアイドルやりたいなら、普通に芸能事務所に応募してアイドル目指せば手っ取り早いはず。μ’sは「廃校を阻止するため」というクソみたいな理由で結成しましたけど、それはそれで“学校所属のアイドルでなくちゃ意味がない”という説得力になっていました。今回はそういった“スクールアイドルでなくてはならない理由”が見えてこないんですね。ただμ’sの真似事がしたいだけ?

“スクールアイドルでなくてはならない理由”といっても大袈裟なものじゃなく、「気の合う仲間たちと一緒にアイドル目指したい!」という思いがあれば簡単に成立するものですけど、その気の合う仲間がいないんだからしょうがない。最初からμ’sに憧れる9人が集まった設定なら、何の違和感もなくスムーズに導入を迎えられたのに…。

何にせよ、千歌、曜、梨子、ダイヤ、ルビィ、花丸、果南、善子、鞠莉の9人が「Aqours」としてアイドルデビューすることは視聴者全員が知っていて、天地がひっくり返っても揺るがない事実なんですから、アイドルやるやらないのしょうもない茶番劇は早急に切り上げましょう。メンバー結成までの過程を2作続けてだらだら掘り下げる必要性はまったくの皆無! 私だけじゃなくて、そんなの全員興味ゼロでしょ! あるのっ!?

2話では、なんとかかんとか梨子が心を開いて3人目の仲間になってくれたものの、ホントこのペースじゃメンバー集めに8話までかかるわ…。次回は芋づる式にささっと全員集合でお願いします。ラブライブ!3話といえば、大変なインパクトを残した回でしたが、サンシャイン!!でもターニングポイントになり得るでしょうか? というか、いい加減本編でライブシーン見せてくれないとね。

好感度ランキング推移

1 - 黒澤ダイヤ
2 - 渡辺曜
3 ↑ 松浦果南
4 ↓ 高海千歌
5 - 桜内梨子
——————————————–
6 - 小原鞠莉
7 - 津島善子
8 - 黒澤ルビィ
9 - 国木田花丸

果南が3位にランクアップ。2話で果南の魅力を発見できたというわけではなく(ほとんど出番なかったし)、千歌がイメージダウンして順位が勝手に繰り上がっただけという…。

ポジティブなのは、曜に惹かれつつあること。これといった特徴があるキャラじゃないですけど、押し付けがましい個性が目立つ中で、逆にそこがよく見えます。実は伝説のメイドだったとか、実は海外留学しなくちゃいけないとか、そんな安い設定はいりませんので、どうかこのまま普通の可愛さを見せてください

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 1 (通常版)

販売元:バンダイビジュアル( 2016-09-27 )

定価:¥ 3,780 ( 中古価格 ¥ 680 より )

Amazon価格:¥ 1,860

時間:25 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. アニメ感想 16/07/09(土) #ラブライブ! サンシャイン!! 第2話、#Rewrite 第2話

    ラブライブ! サンシャイン!! 第2話『転校生をつかまえろ!』今回は・・・今回もメンバー集めですね。果たして何話で全員揃うのでしょうか?下手したら、メンバー集めだけで1ク …

  2. ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」感想

    「μ’s」に憧れてスクールアイドル部を創設しようと一念発起した千歌だったが、メンバーが集まらない上に生徒会長の強い反対により難航。
    そんな中、転校生である『桜内 梨子』…

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。