ラブライブ!サンシャイン!!(2期)第5話「犬を拾う。」雑感

善子と梨子という仲悪……もとい、あまり接点のなかった2人のコンビ回。拾ったワンちゃんに情が移り、犬が苦手な梨子が少しずつ心を開いていくストーリーは、いつものギスギスした険悪さもなければ、むりやり感動に持っていく下品さもなく、比較的素直に見れたエピソード。が、「アイドルアニメとしてこの話いる?」というモヤモヤ感は拭えなくて…。

肩の力を抜いた日常回があるのは全然いいことですけど、もう2期も中盤ですし、決勝進出を賭けた地区大会が間近に迫っている現状ならば、そろそろ本格的にアイドルアニメに舵を切ってほしいところ。今回の犬コロ話は、漫画であればカバー裏の描き下ろし4コマ漫画でありそうな話。本編でやるレベルの内容じゃないでしょう。どうしてもこれ、1話費やしてやらなきゃダメでした…?

ラブライブ!視聴者が今興味あることって、まだ見ぬライバルたちの紹介とかじゃないのかなぁ? Aqours以外の他のグループについての情報が皆無に等しいのは、どうなのかと。Saint Snow先輩はちょくちょく名前が出てきていますが、もはや格下感しかありませんし、もっとAqoursの脅威となる新しいライバルグループの存在が明らかにならなきゃ、大会に対する意気込みにも欠けるような。

そんな愚痴を呟いてもしょうがないので、5話の感想を述べたいのですが、語りたいことがまったくなくて困っています。悪くはなかったからツッコミを入れる余地がなく、良くもなかったからこれといって取り上げる箇所もない。犬の飼い主だった幼女の母親役に、i☆Risの山北早紀さんが出ていたことぐらいしか。

善子「堕天使っていると思う? 私さ、小さい頃からすっごい運が悪かったの。外に出ればいつも雨に降られるし、転ぶし。何しても自分だけ上手くいかないし。それで思ったの。きっと、私が特別だから、見えない力が働いているんだって」

善子「勿論、堕天使なんているはずないって、それはもうなんとなく感じている。クラスじゃ言わないようにしているし。でもさ、本当にそういうのまったくないのかなって。運命とか、見えない力とか。そんなとき、出会ったの。なにか見えない力で引き寄せられるようだった。これは絶対偶然じゃなくて、なにかに導かれてるんだって。そう思った。不思議な力が働いたんだって」

ここだけかな、印象に残ったのは。中二病に自覚的である善子は、ただキャラ付けとして装っているのではなく、運命として不思議な力の存在を信じようとしている。そこになにか健気さのようなものを感じて、ますます善子に好感が持てました。

とりあえず、こういう薄味の回のときは、せめてライブシーンを入れて見どころを作ってもらいたいですよ。見終わったあと自動的に脳内録画がデリートされる中身空っぽの回であっても、最後をライブで締めて満足感を得れば「良回だった!」という感想で終われます。少々の不満はライブの力で掻き消してしまえる……それこそがアイドルアニメ最大の利点だというのに。

ラブライブ!は不思議なもので、中身の薄い回ではライブがなく、ストーリーの主張がやたらと強い回ではライブがある。だから、ライブのない回はコメントに窮してしまい、ライブのある回は粗の多いストーリーに対する批判に終始して、ライブの言及ができなくなるという悪循環。ここを逆にしていただくだけで、だいぶ印象が変わりそうなのですけど…。

好感度ランキング推移

1 - 津島善子
2 - 黒澤ダイヤ
3 - 渡辺曜
4 ↑ 桜内梨子
5 ↓ 国木田花丸
6 - 小原鞠莉
7 - 高海千歌
——————————————–
8 - 松浦果南
9 - 黒澤ルビィ

梨子の犬苦手が克服されたことで、しつこく何度も見せられてきた“オーバーリアクションで犬を怖がる”一行(ひとくだり)が、ようやく打ち止めになるかと思うと喜ばしい。真面目でしっかり者でお淑やかと、個性の押し付けが激しいAqoursの面々の中で、その控えめさが大きな個性となっている梨子は、犬苦手設定は不必要だったと思うんですよね。ついでに「壁ドン顎クイが好き」というもっといらない設定も、このまま形骸化されれば。

【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 1 (特装限定版) (全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付)

販売元:バンダイビジュアル( 2017-12-22 )

定価:¥ 4,860

Amazon価格:¥ 4,860

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。