ラブライブ!第1話「叶え!私たちの夢――」雑感

最近、プリパラやアイカツ!といった女児……もとい、アイドルアニメにどっぷりはまり気味な私。最初はアイドルアニメを萌えアニメの一種として偏見を持っていた私も、アイドルとしての向上心や仲間との絆はスポ根に通ずる世界であるという真理に辿り着くと、見る目が一変しました。こうなると、無視できない存在なのがアイドルアニメ界の最大与党である「ラブライブ!」です。

アイドルアニメの波に乗り遅れた私は、残念ながらラブライブ!を一度も見たことがございません。ロボットアニメを語るのにガンダム知識が必須であるように、今後アイドルアニメについて語るためにも、やはりラブライブ!のことは知っておきたい。オフ会での強烈なプッシュもあり、ますますその思いを強めていたところで、たまたま1期の再放送が始まったのは神が与えし好機。よって、異例ではありますが、この再放送のラブライブ!を追いながら、簡易的なレビューを綴っていくことを決心しました。

ですが正直に申しまして、ラブライブ!第1話の印象は最悪に近かったです。自分が通っている学校の廃校危機を解決する手段として、アイドルとなって世間の注目を集めようとするのが物語の始まりでしたが、まず私はこの発想が受け付けにくかったので…。

別に「自分がアイドルやりゃ生徒集まるだろ」という自信過剰な主人公が嫌だったわけではありません(笑) むしろそんな面の皮の厚さはアイドル向けの性格だと評価しています。私が抵抗を感じたのは、自身がアイドルを目指す理由を「アイドルになりたいから」ではなく、「学校を廃校にしたくないから」という綺麗事で誤魔化していたところ。

「アイドルになりたい」という我欲を、何か別の理由に託けてお為ごかしするのは、「掟に従うためだから」とか「呪いを解くためだから」とか、そういったご大層な理由を持ち出さないと女1人抱けないエロゲ主人公とまったく同じ精神性。エッチするのに「エッチしたいから」以外の理由は一切不要であるように、アイドルを始める動機なんて「アイドルになりたいから」以外ないんですよ!

それにやっぱり、何者でもない普通の女子高生が、学校の仲良し数人を集めてアイドルグループ結成って無理がありすぎる…。今まで何も努力してこなかった奴が、高2になっていきなりアイドルデビューを目指すとか、正直アイドル舐めすぎていませんかね? 「廃校させないために、甲子園に出よう!」と、高2から急に野球をやり始めて甲子園を目指す奴、絶対バカでしょ!(笑)

Wake Up, Girls!は、元アイドル・子役・のど自慢優勝・メイド喫茶店員・宝塚志望など元々アイドルとしての素養があったり、なくても「アイドルになりたい」という自らの思いからオーディションを受けて、「アイドルになる」ことを自分の夢としていました。それに比べると、ラブライブ!のメンバーはちょっと考えが浅はかすぎるように受け取れてしまうんですよね~。

とまぁ、のっけから熱いラブライブ!批判(否定)でラブライバーの皆さんから睨まれそうで怖いんですが、自分としてはむしろこれは良い兆候だと思っています。Wake Up, Girls!だって最初は印象最悪でしたし、アイドルは「嫌い」から入って「いつの間にか好きになっている」が自分の中での本流。ラブライブ!も、いずれ印象が切り替わるタイミングがあると信じていますよ! なかったらどうしよう!

ラブライブ!μ’s→NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~ Blu-ray Disc

販売元:ランティス( 2014-07-23 )

定価:¥ 9,180 ( 中古価格 ¥ 1,780 より )

Amazon価格:¥ 5,980

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. ラブライブ!でのスクールアイドルは部活動みたいなものなので
    主人公たちがプロのアイドルを目指すというわけではないんですよね。
    ただ「ラブライブ!」という大きな大会への出場を目標にすることになるので
    >高2から急に野球をやり始めて甲子園を目指す奴、絶対バカでしょ!
    この喩えには笑ってしまいました。
    1期終盤の展開は放送当時物議を醸したので
    管理人さんがどう見るか感想楽しみに待っています!

    • この世界はアイドルが部活動として存在する世界ですから、あまりリアル世界の常識に当てはめるべきではないとは思っています。

      でも、どんなにマイナーな部活であろうと、高2から全国大会を目指し始めるのはやっぱり遅すぎる感が否めないな~。どうして主人公を高1設定にしなかったのだろうという疑問がありますよ。「入学した高校が、いきなり廃校危機!」で良かったのに。高1からのスタートなら、別に甲子園を目指そうとそれほど違和感なかったですし。

  2. 確かにアイドルがプロだった昔なら浅生さんの考えはもっともだな~と思います。
    ただ、今は現実のアイドル自体の価値が下がりすぎてて、「まあ可愛ければ高2からでもいけるんじゃね?」とも思えるのが難しいところ。

    私も初めてラブライブを観たクチですけど、まあ映像も結構綺麗だし飯食いながら観る分にはいいかな~ぐらいの感覚です。

    それよりも私のところではまだ未放送のアイマスがやばそう。
    1話が超評判いいですし、画像だけでもうキャラがかわいい。それと、脚本が「雫」等の高橋さんというのも楽しみです。
    浅生さんはご覧にならないのでしょうか?

    • そう納得するしかないですね~。その辺の違和感はもうあまり引っ張らないで、次回以降はラブライブ!の良さを見つけて行けたらなと。肝となる楽曲・ライブシーンのクォリティは1話でも凄みを感じましたので、この先印象はきっと改善されていくと信じていますよ。

      >(アイマス)浅生さんはご覧にならないのでしょうか?
      今期の感想は、「艦これ」と「冴えない彼女」の面白かった方を書こうと思ってたんですよ。もし、どちらもダメだったとしても「ローリングガールズ」で行けばいいやと思っていました。ところが、残念なことに3つとも面白くなくて(個人の感想です)どうしようかと頭を抱えていましたが、アイマスが思いの外面白かったため、急遽こちらの感想を書かせてもらうことにしました。

      yukiさんはまだご覧になっていないようですが、きっとプロデューサーの声に驚かれるはず(笑)