恋愛ラボ第12話「ずっと友達でいてくださいね」雑感

ぬるっぬるですね…。え、あ、作画の話ですが。何気ない所作の1つ1つに異様なほどの作画枚数が投入されていて、贅沢にアニメーションしまくり。第1話もメチャクチャ細かく動いていたので驚きましたけど、ここに来て再び本気出してくるとは。最終回ならともかく、最終回1つ前なのにこんな大判振る舞いしていいの~?

今週も引き続きマキの魅力が爆発していて、ナギ・ヤンとの絡みが実に面白い。特にナギとは思わぬいい雰囲気。男子慣れしていないマキの純情さにときめきを感じていたナギは、本気でリコからマキ狙いに照準変更? 現実的に考えるとナギとマキが一番お似合いなんで、2人がくっついても違和感ないのですが。

逆にヤンとは険悪な空気。思い込みの激しいマキに向かって「倉橋も苦労してそうだな。友達ってのも思い込みじゃないといいけど」とかなり辛辣な言葉を投げかけると、マキは意外にも落ち込む素振りを一切見せず、相手がより傷付く言葉を選んで口にするヤンに「貴方の言葉は信じるに値しません」と斬り捨てた

無論、それは表面的な強がりで、リコの前では大泣きしていましたけど、本人の前では決して涙を見せようとしないマキの強さに心打たれましたね。私は弱さを表に出そうとしない人間が大好きなんです。

しかし、思ったよりヤンとの溝は深まっちゃったなぁ。これまではギャグ的な溝でしたが、シリアスな溝になりつつある。嫌い嫌い嫌い嫌い好きは、少女漫画のお約束パターンといえど、既にヤンへの好感度は軽蔑の域に達してしまっているだけに、ここからどうやってイメージ挽回できるのか見物です。

真実を打ち明けることに逡巡しているうちに、段々深みにはまって更に言い出しにくい状況を作り上げてしまうリコの苦悩。「恋愛経験豊富」なんて大した嘘でもないんですから、さっさとゲロってケジメ付けちゃえばいいのに、結構引っ張りますよね~。まぁでも、告白したいのに告白できないヘタレはそんなに嫌いじゃない。告白しようともしないヘタレは嫌いですけど。

そうこう先延ばしを続けているうちに、マキは又聞きでリコの真実を知ってしまうという最悪のパターン。ヤンに「倉橋が友達だと思ってるのはお前の思い込み」と言われた直後だけに余計ショックでしょうに…。

★今週の倉橋莉子★

これらの表情を見てもリコがどれだけ切羽詰まっているのかよくわかりますね。最終回はベタでいいいんで、綺麗にわだかまりが解けてまた仲の良い2人に戻って欲しいです。

恋愛ラボ 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-02-28 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 2,476 より )

Amazon価格:¥ 5,848

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


5 Responses so far.

  1. ほろあに より:

    『恋愛ラボ』 12話 ずっと友達でいてくださいね

    前回の次回予告でどんな展開になるのだろうと予想してましたが…。

  2. 恋愛ラボ #12「ずっと友達でいてくださいね」 感想

    この壁はなかなか良い声で啼きますなぁ

    あらすじ
    モモとナナは、目安箱に投函される恋愛相談の返答を小説形式の記事にして『恋愛ラボ通信』として裏新聞に掲載したいと生徒会執…

  3. 恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」

    いやいやぁ〜今話はこれでもかってくらいキャラがよく動いてましたよね〜、特にマキが。恋愛研究の環境が整って浮かれてるのが絵でよくわかったというか・・・でも某ラノベアニメの…

  4. 恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」

    「お外走ってくるー!」が『恋愛ラボ』で見られるとは思いませんでした(笑)。

    ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします)
    →http://kyotofan.net/books_anime/love-lab/fuji…

  5. 恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」

    リコがマキちゃんに真実を話せるかが焦点に。
    首が絞まる一方のリコ、基本純粋無垢のマキちゃんにどうしてもあと一歩が踏み出せず。
    ふだんはアクティブなリコ、最大の弱点を何と…