恋愛ラボ第6話「最低伝説リコ」雑感

さぁ、百合アニメの時間は終わりだ…! 彼氏候補となる男性キャラ登場で俄然テンションも荒ぶって参りました。装備だけ揃えても一切敵が出てこないRPGなんか1つも面白くないように、やっぱり倒すべきモンスター(男)が出てきてからが本番! 今こそ、培ってきた恋愛理論を振りかざすとき!

ただ、かつてリコに告白までした経緯がある幼馴染の凪野智史ことナギが、久しぶりに再会したリコにまったく憶えられていなかったという悲劇の展開は、正直如何なものかと思いましたね…。それはナギが可哀想とか、リコがひどすぎるとかそういう小さな話ではなくて、このベタベタな展開自体に失望を隠せなかったってことですよ。

だって、小さい頃に結婚の約束をしていた幼馴染と再開して、鈍感主人公がそのことを忘れていた……なんて、私が一番嫌うタイプのエロゲシナリオじゃないですか!! 小さい頃は男の子(女の子)みたいだった奴が、成長するとすごく女らしく(男らしく)なっていて気付かなかったというのも超ありがち。

ナギは今でもリコに気がある素振りなので、もう2人がくっつく未来が見えすぎているのもつまらないかなぁ。まったく自分に興味を示していない彼をどう振り向かせるか、そういう場合に恋愛理論が役立つのだと思いますし、そのための恋愛研究であったはず。できたら、お互い面識のないフラットな状態から恋心を育んで欲しかった。

そういう意味では、マキ&ヤン(池澤雅臣)のカップルの方が気になります。まだこの2人が恋愛関係になるのかどうかは不明ですが、最初は互いに印象悪いぐらいが丁度いい。真面目そうなヤンがマキの奇天烈な発想に振り回されている姿も見ていて面白いしね。

期待していたリコの恋愛展開が、出来の悪いエロゲみたいな導入だったので少々先行き不安。くれぐれもリコはこのままエロゲ主人公みたいなヘタレ野郎にはならないように! ナギがリコに愛を囁いているのに、「え、なんだって?」とか難聴装ったりするのはやめてくださいよ、マジで。

★今週の倉橋莉子★

これこれ! 私はリコのこういう表情が見たかったんですよ~♪

恋を始めたことで急に浮かれ始めたり、身だしなみを気にしまくるようになったり、女の娘は恋している瞬間が一番カワイイということをまざまざと証明してくれていますね~。

ナギとの再会を意識して、塾に行く格好とは思えぬ気合のティアードスカートで着飾っていたところも超カワイイ!! ていうか、このときのリコはみつどもえのみつばに激似だわ(笑)

恋愛ラボ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2013-11-29 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 988 より )

Amazon価格:¥ 3,772

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. 恋愛ラボ TBS(8/09)#06

    第6話 最低伝説リコ 公式サイトから放課後ショッピングモールに出かけたリコは、突然男の子から「リコ!」と呼ばれる。相手に見覚えがなかったリコがとっさに話をあわせていると、…

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。