恋愛ラボ第5話「こちら藤女恋愛放送局」雑感

恋愛というものは我が身でもって体験するのが一番ですが、時には他人の恋愛にお節介を焼くことがそれ以上に楽しいこともある! 私は以前からエロゲでも「友人の恋愛を応援させろ」と訴えかけ続けてきたのですが、エロゲの友人キャラは主人公(ユーザー)に気を遣ってか、どのヒロインにも手を出そうとしやがらない。例え女好きの友人であっても、全然ヒロインから相手されない無様なピエロの役柄を与えられて……おっと、話が本題から逸れてしまった。

とにかく、“恋愛相談される楽しさ”をもっとアニメやゲームで扱うべきなんですよ! 恋する友人を冷やかす楽しさ。アドバイスしてやる楽しさ。告白までけしかける楽しさ。そう! 恋愛相談される立場は、最初から最後まで楽しいことでいっぱい! 告白が実れば、一緒になって祝福してあげられますし、玉砕してしまえば慰めてやれる。結果はどっちに転ぼうが旨味があってお得なのです! だって、人ごとだからね!!(最低)

でも今回のケースは、相談者が匿名であったため、イマイチ面白味に欠けました…。「好きな男の子に贈り物を…」という相談に対するアドバイスを校内放送を使って間接的に伝えると、後日、目安箱経由で事後報告的に文書で結果を通知されただけという…。

やっぱり相談者である少女は実際に姿を現してくれなきゃダメなんですよ! 彼女を生徒会室に招き入れ、想い人のどこが好きなのか根掘り葉掘り聞きだし、相手の男子を値踏みしながら、どんな方法でアタックすべきかみんなで思案して、躊躇う彼女を励ましながら告白まで背中を押してあげる! そういう過程が一切なく、彼女は勝手に振られて勝手に1人で立ち直ってしまったので、こっちとしてはつまんないつまんないつまんない!

無償で他人の幸せに力を貸してやるほど、こっちはいい人じゃないんですよっ。表面的には恋のキューピッドを気取っていても、実態は恋の野次馬。他人の恋愛を通して、自分も一緒になって盛り上がりたいってのが本音なので、「一体感」が感じられないような匿名の恋愛相談は今後お断りしていただきたい!

★今週の倉橋莉子★

マキとエノの放送室占拠の罪を庇ったことで、英語のテスト20点アップというノルマを課せられたリコ。ちゃんと必死に勉強頑張って、75点を取ったのは立派! 秀才揃いの生徒会メンバーの反応は冷ややかでしたけど、赤点スレスレからここまで点数上げた努力は普通に賞賛されるべきと思う。

リコは八重歯がカワイイね~。八重歯キャラは昔からいますけど、これといって好きになったキャラはいなかったなー。

恋愛ラボ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2013-11-29 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 329 より )

Amazon価格:¥ 2,980

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 恋愛ラボ TBS(8/02)#05

    第5話 こちら藤女恋愛放送局 公式サイトから目安箱に投函された恋愛相談に答えるため、マキとエノは昼休みの放送室に飛び込み、生徒会特別放送を始める。男女交際禁止の藤女で匿名…

  1. 初めまして。smatと申します。

    百合ものの隆盛もそうですしエロゲの友人・モブはヒロインに決して手を出さないにしてもそうですけど結局のとこユーザーの「可愛い女の子が他の男のものになるところを見たくない!せめて女同士であるべき!俺に愛でられるだけの存在でなくては!」っていう身勝手な考えのもとに成り立っている気がするので個人的にはやっぱり好きになれないですね。男がメインに絡んだだけで公式サイトにこの作品には男が出てくるって明記しとけ!とか言い出すのは頭が痛くなります。

    とくに男性キャラと仲良く話したり一途に男性に恋しているキャラをビッチ呼ばわりするような人はただ単にヒロインを勝手に自分の所有物みたいに考えてるだけで自分の思い通りにならないのが気に食わないだけだろ、と言いたくなります。特にエロゲは元々マジョリティではない業界ですからさらにマイノリティに突っ走っても衰退するだけだと思うしもっとクリエイターは好きに挑戦すればいいと思うんですけどね…。

    なにが言いたいかというと普段頼りになる豪快な兄貴肌、姉御肌な友人、先輩が恋愛相談の時はすごくしおらしく小さくなってる姿とか内気な後輩キャラが告白の時にすごく男らしいところを見せたとかそういうところを見たいからもっと描けよクリエイター!ってことなんですけど!。

  2.  smatさん
    初めまして~、管理人の浅生です。

    smatさんの見解に一言一句同意見なので嬉しくなりますよ~。ぶっちゃけ私も、昨今百合を匂わす作品が異様に多い理由は、単純に女同士のニーズが高まったというより、“男女恋愛を見たくない人間の逃げ場所として利用されているだけ”との見方をしています。それはやっぱり不健全ですよね。

    まぁ、私も無気力系の気色悪い主人公が出てくるぐらいなら男キャラはゼロでいいと思うこともありますけど…。

    >一途に男性に恋しているキャラをビッチ呼ばわり
    一途に恋しているキャラがビッチとは、もはや何が何やらわかりませんね(笑) 要するに自分に都合が良くない存在を全部悪だと見なす駄々っ子思想が良くないんだと思います。そして、クリエイターがそんな駄々っ子を甘やかすから、余計につけあがる。お母さんはそろそろ躾を考えてください。

    >先輩が恋愛相談の時はすごくしおらしく小さくなってる姿
    そういうの大好きですね~! 坂道のアポロンに出てくる大柄で兄貴的なキャラの千太郎が、恋愛にはからっきしで、すっかり小心者になってしまうところが最高に萌えました(笑) そういう友達の背中を押してあげて、上手くいくように便宜を図ってやるのが楽しいんです。

  3. 主人公のキャラはメインユーザーのアニメやゲームの楽しみ方も関わってくるんですかね?私は主人公に感情移入して自分と同一視して楽しむ、というより神の視点になって他人の恋愛模様や活躍を無責任に楽しむって方向性で話を見ているので、キャラクターにはバンバン活躍してかっこいいところを、どんどん恋して可愛いところを見せて欲しいのです。出来れば自分から努力して。実際子どもに対して憧れを提供する子供番組ってそんな感じのキャラが多いですよね。

    それに対して無気力なやれやれ系主人公やダメ主人公を採用するエロゲやラノベ作品はユーザーが憧れの対象よりも自分の分身を求めている!との判断なんでしょう。同一視したキャラが意外な才能を秘めていた!ってなるとまるで自分にもまだ見ぬ才能が秘められている特別な気分になれますし。私からすると逃避先の空想の世界でまでダメダメな癖に努力もせず才能で勝ち女の子からモテて甘やかしてもらえる自分なんてかっこいいヒーローよりよほど感情移入なんてできないですけど!ってなんか気持ち悪い自分語りになってしまった(汗)。

    子供向けといえば虚淵さんがとうとう仮面ライダーのメイン脚本家を担当されるとか。今まで活躍してきた場と違ってメインターゲットは子どもですから、どんなストーリーになるのか不安半分期待半分な感じですね。

  4.  smatさん
    つまらない独占欲なんかが邪魔して、脇役同士のカップルを楽しめないのは本当にもったいない。

    今、サーバント×サービスというアニメで上司の一宮と事務の千早の恋愛模様をやっていますけど、主役の長谷部×ルーシーカップルとは別の楽しさがある! 一宮はエロゲ主人公並みのヘタレ野郎ですが、他人としてみると応援できちゃうんですよね~。

    >ユーザーが憧れの対象よりも自分の分身を求めている!との判断
    自分の分身であれば、無気力で自堕落な性格が女性からまったくモテないことは誰よりもよくわかっているでしょうに…。アニメやゲームの世界ぐらい積極的になってみてもいいじゃない。どうせ頑張るのはアニメ・ゲームの中の主人公なんですから。

    突然能力が開花(付与)して、何も努力せず特別な人間になれるという設定も虚しいですよねぇ。それならまだ、進研ゼミを始めたら受験も部活も恋愛も全部上手くいきだしたというストーリーの方がしっくりくる(笑) 進研ゼミの漫画はみんなバカにするくせに、そういう能力開花系ラノベがバカにされないのは不思議不思議。

    >虚淵さんがとうとう仮面ライダーのメイン脚本家
    仮面ライダーなんて毎週怪人を蹴り飛ばすだけで、脚本なんて誰でもやっても良さそうなイメージなので、虚淵さんはチョットもったいない気がしますが、仮面ライダー龍騎がFateの原型になっていると言われるように、今のライダーは脚本も重要なんでしょうね。

    是非とも、ちびっこたちにどでかいトラウマを植え付けるようなシナリオを書いてやってください。