恋愛ラボ第1話「出会ってしまった二人」雑感

男子禁制、女子同士の赤裸々なガールズトークに耳を傾ける楽しさよ。カワイイ女子たちがくっちゃべっているだけのアニメなんて別段珍しくもない、むしろ昨今のメインストリームと呼べるジャンルではありますけど、これまでは「けいおん!」のように不自然なまでに恋愛話を避けたり、「ゆるゆり」のように百合要素を匂わせたりして、彼女たちから男の匂いを消そうと躍起になっているのが引っかかっていました

そういうのはそういうのであっていいと思うんですけど、やっぱり女子同士の会話で一番盛り上がる話題といえば、恋バナか人の悪口だろうよ! 後者ははともかくとして、前者を意図的にスルーするようでは真のガールズトークとは呼べまい!!

私はまだ経験せぬ色恋に対し、過剰なまでの憧憬と少しばかりの恐怖を胸に興味津々で語り明かす少女たちの姿が見たいんじゃい! 恋愛経験ゼロの処女どもが、妄想を膨らませながら真っ赤になってきゃーきゃーと騒ぎ立てている様を見たいんじゃーい!

本作の中心人物であろう真木夏緒は、生徒会室で1人自作抱き枕相手にキスの練習をしているなど、早速初回から痛々しさを発揮してくれていて期待大。お嬢様然とした風貌とは裏腹に相当なバカキャラなので、一発でお気に入りになりましたよ。コメディ寄りでありながら、しっかり萌え要素も備えてあったのは、彼女が“恋する少女”であるからに他なりませんね。恋に恋している恋愛脳女子はやっぱりカワイイのです!

倉橋莉子はボケのマキに対するツッコミ役でしたが、モテ女気取りで恋愛経験豊富と偽っていたり、彼女もなかなか愉快な性格していました(笑) 男らしいサバサバした性格でありつつも、決して女子力に無頓着ではなく、オシャレが大好きなところはすごく私好み

マキとリコ、どっちも目移りするほど可愛かったですけど、今のところは僅かながらリコの方が好きかな!

この2人の掛け合いの面白さは第1話を見ただけで充分伝わってきましたし、ここに更に新たなキャラクターを加えて、どういう相乗効果がもたらされるのか楽しみ。女の娘の可愛さをただ愛でるだけのゆる~いアニメというわけでもなく、結構正攻法にギャグアニメしていたのも印象○。マキが下半身だけを高速で動かしているシーンは普通に声出して笑いました

あとはくれぐれも「百合に走るな」ということだけ肝に銘じてくれれば…。女同士仲の良いシーンは見たくても、百合は見たくない。監督がゆるゆりやっていた人らしいけど、あざとい百合要素はホントいらないから。それだけはつまらないからやめて。

恋愛ラボ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2013-09-20 )

定価:¥ 4,320 ( 中古価格 ¥ 490 より )

Amazon価格:¥ 3,024

時間:24 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. 恋愛ラボ 第1話「出会ってしまった二人」

    宮原るり『恋愛ラボ』が原作のアニメ。同じ芳文社の4コマ漫画誌でも系統が違うためか、よくアニメ化されるきらら系作品とはちょっと毛並みが違う印象を受けました。原作知らないの…

  1. 始終発情しているのも困りますが、アニメや漫画のヒロインが一番可愛いと思えるところってやっぱり恋愛してるところじゃないのかな-というのは常々思いますね。

    けいおんにしろゆるゆりにしろ、男に恋するシーンがあれば、それはそれでキャラクターの1つの魅力だし、是非とも見てみたいと思うのですが、同人以外でそれがかなうことは永遠にないのでしょうね。

  2. 薔薇で盛り上がった作品にしろ百合で盛り上がった作品にしろ作品から異様なまでに異性を排除しようとしていると流石にリアルさを感じないというか薄ら寒いものを感じてしまいますね。

    異性のキャラはいるけどやっぱり同性の方がいい!って言うなら理解はできないにしろまあそういう作品なんだろうなあって考えられますけど完全排除されると女子校とかいう設定をされてても流石にありえないと感じてしまいます。

  3. おおおっ!恋愛ラボ、気に入っていただけたようでなによりです!感想まで読む事が出来て嬉しいです~。
    一話で気に入っていただけたのなら、この後もずっと楽しんでいただけると思います。

    仰る通り恋愛脳のリコとマキが可愛くて最高なんですよね~。マキはかなりのバカキャラのくせに、一話でも何度も自分の事を「有能だ」と言っていた通り相当な自信家でもあったりするので、本当に良い性格してますよ。
    ただ私も僅差でリコの方が好きですね。そうなんです、男勝りに見えて実は乙女でもう超可愛いんです。

    ちなみにこの漫画、途中から普通に男も出てきて話に絡んできます。前回のコメントではネタバレになるかと思って書きませんでしたが、よく見るとアニメ公式ページに「イケメンも出ます」と書いてありました(笑)何故か今は表示がなくなっていますが…。
    どのタイミングで出てくるかはまだわかりませんが、とにかく原作通りでしたらあくまでも友情止まりで百合要素はないはずですよ。

    ↓以下、別の記事のコメントの返信です。

    >プリキュアの10年後とか見たくないですか?(笑)
    見たいですね!(笑)私はよく「このキャラが大人になったら素敵な子になるんだろな~」と妄想して楽しんで見ているので、成長するのは大いにアリですね。むしろ素敵になったその姿を見たいです。今度女子高生になったおじゃ魔女のドラマCDが出るみたいですけど、みんな素敵になっていて感動しました。特におんぷちゃん。

  4.  ゲストさん
    恋する女の子はカワイイは真理です。片想い中の少女には猛烈にきゅんきゅん来ますね。もう一生片想いしていて欲しい(ひどい)。

    ゆるゆりはテーマ的にしょうがないとはいえ、けいおん!が男を排除していたのは寂しかったですね…。男を排除したからこそけいおん!は面白いとの意見が大勢を占めていますけど、男を排除しなかったらけいおん!はもっと面白かったと個人的に思いますよ。

     ゲストさん
    そうそう。百合そのものへの反発というよりは、異性恋愛を排斥することに反発があるんですよ。少女たちを狭い狭いコミュニティの檻の中に閉じ込めて、そこで一生を終わらせようとすることへの反発。

    >異性のキャラはいるけどやっぱり同性の方がいい!
    同性愛を描くにしても、その方がより愛の強さを感じられて良いと思うんですけどねぇ。とにかく、相手に選択肢がない状況というのが私はイヤなんです。

    エロゲ・ギャルゲでも、主人公以外に対抗馬となる男キャラがいないため、ヒロインが自分に惚れてきても「お前、他に誰もいないから俺を選んだんだろ」的な卑屈な思いになってしまう(笑) 他に魅力的な男がたくさんいる中で、それでも自分が選ばれた方が絶対嬉しいでしょ!

     カズさん
    1つ心配なのは、マキ&リコがせっかく息の合ったコンビ芸を見せてくれていただけに、今後キャラが増えていくことで逆に面白さが落ちてしまわないかということ。あと3人メンバーがいるようですが、ぱっと見の感じそんなに心惹かれるタイプでもないので…。「最初の2人のままが良かったな…」とならないことを祈ります。

    >(リコ)男勝りに見えて実は乙女でもう超可愛い
    ちはやふるの千早なんかもそうですが、中身が男子なら容姿は女子であって欲しい! 内面も外見も男子だと、それは男子なんですよ~。男勝りな性格であればあるほど、オシャレに無頓着であってはいけないと思うのです。

    >あくまでも友情止まりで百合要素はない
    すぐ同性同士の恋愛を匂わせるあざとい作品の多さには辟易ですけど、視聴者側も些細なことですぐ百合だのBLだの茶化すのがイヤ。女同士・男同士の友情を感じる普通にいいシーンを台無しにしないで欲しい。

    >このキャラが大人になったら素敵な子になるんだろな~
    良かったです。「女児が成長したら意味ないだろぉぉぉ!!」と怒られたらどうしようかと思っていました(笑) 女児アニメに成長要素を求めている人も大勢いるわけですから、女児アニメ好き=ロリコンと決めつけるのは無知と偏見にまみれた乱暴な解釈ですよね~。

    >今度女子高生になったおじゃ魔女のドラマCDが出る
    そういうの見てしまうと、「この設定で続編作ってれよー!!」と悶々としてしまいますよ。よく漫画の最終回とかに登場人物の数年後の姿が描かれたりしますので(るろうに剣心とか)、いつも生殺し。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。