進撃の巨人第20話「エルヴィン・スミス ―第57回壁外調査 (4)―」雑感

女型の巨人の捕獲に成功して首尾は上々。あとは煮るなり焼くなり自由にできる絶対的優位な立場にあったはずですが、このべっとりまとわりつく謎の不安感と焦燥感は何か。今までのような直接的な脅威ではなく、目に見えない漠然とした恐怖をひしひしと感じて、胸騒ぎが収まらない…!

その悪い予感は的中。身体を硬質化させる能力のせいで、巨人内部に潜んでいるであろう人間を引きずり出せず手こずっていると、女型の巨人は突如断末魔のような雄叫びを上げ、周囲から無数の巨人たちを呼び寄せた!

雲霞の如く押し寄せる巨人の群れに、団長エルヴィンは咄嗟にターゲット変更。女型の巨人に近寄らせないよう応戦を指示するが、あまりの数の多さに対処仕切れずやむなく作戦中断。総員に即時撤退の指令を下す。

作戦は残念ながら失敗に終わってしまいましたけど、エルヴィンのリーダーとしての資質には惚れ惚れですね。冷静さと聡明さと非情さを併せ持ち、揺るぎない覚悟と闘志に満ちた理想的なリーダー像。地味なキャラで最初はあまり注目していませんでしたけど、彼もリヴァイに負けず劣らずカッコイイ。

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと、大事なものを捨てることができる人だ」
「何も捨てることができない人は、何も変えることができないだろう」

前期主題歌の紅蓮の弓矢に「何かを変える事が出来るのは、何かを捨てる事が出来るもの」という歌詞があったので、「素晴らしい言葉だな~」と感心していたのですが、アルミンの受け売りだったのね(笑)

将来的にアルミンは尊敬するエルヴィンのようなリーダーに成長していくんでしょうか? 5年後の調査兵団は、アルミンがエルヴィンとなり、ミカサがリヴァイとなり、エレンがオルオになっていそう(笑) 巨人との戦いとは別に、エレンらの立身栄達も楽しみです。主人公が出世していく話って大好きなので。

撤退命令により、次々とカラネス区への帰還準備を始める調査兵団たち。何も成果が得られなかったとはいえ、みな無事に生きて帰れるだけでも良かった……と安堵しかけたところで、調査兵団の装備をまとった“何者か”の手によって、グンタが斬り殺されてしまう!

「お家に帰るまでが壁外遠征」とはよく言ったもの。みんな軽口を叩き合いながら完全にOFFモードの会話をしていて、私としても完全に緊張感が弛緩していた最中に起きた出来事であったため、この前触れのないグンタさんの死は大変ショッキングでした…。ようやく顔と名前が一致するようになったところなのに、こんなにあっけなく死んじゃうなんて~!

次回は裏切り者の内通者とリヴァイ班の戦いか。互いに立体機動を駆使した白兵戦が繰り広げられるのであれば楽しみ。初めてお目にかかるリヴァイ班の実力にも期待ですが、それより誰も死なないで欲しいなぁ。……ってあんまりいうとフラグになりそうだから慎もう。

★今週のミカサ・アッカーマン★

そういえば、壁外遠征に出てからミカサの活躍はまだ一度も見ていないですね。そろそろ誰かを斬り殺したくてうずうずしている頃じゃないでしょうか。

進撃の巨人 8 (初回特典:フルカラーイラスト集(48P)) [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-02-19 )

定価:¥ 8,100 ( 中古価格 ¥ 1,217 より )

Amazon価格:¥ 4,959

時間:69 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. こちらにもコメントを失礼いたします。

    >「素晴らしい言葉だな~」と感心していたのですが、アルミンの受け売りだったのね(笑)
    作曲者のRevoさんは作曲対象の作品に対する理解が非常に深い方だそうです。今作の進撃の巨人OPと去年スクウェアエニックスから出たブレイブリーデフォルト、ともに作品の内容を忠実に曲に反映させて作曲したそうです。OP作曲時、原作者の諫山先生とも話をしたと言っていたので、よく考えての作詞だったんだと思います。

    個人的に最近とても気に入っているサウンドクリエイターさんです。

  2.  アーグさん
    冗談で「受け売り」と皮肉めいた言葉を用いただけで、Linked Horizonさんが原作を重んじた上で楽曲作りされていることは、勿論存じ上げていますよ。こうやって作中のキャラクターの名言を積極的に歌詞に取り入れてくれることに対して感激こそあれど、否定的な感情など一切ありません。「紅蓮の弓矢」は、他の何よりも作品の世界観を的確に表現した原作愛溢れるアニメ主題歌だと評価しています。

    要するに、アルミンの名言を生み出した諫山創さんと、それを歌詞に乗せたRevoさんの両方が素晴らしいということで。

  3. >冗談で「受け売り」と皮肉めいた言葉を用いただけで、・・・否定的な感情など一切ありません。

    あああ、すみません、言葉が足りませんでした、そのようなつもりで書いたわけではなかったんです。ご存知かなと思い、for your information 程度のつもりで投稿しただけですので、どうかお気になさらないでくださいませ。。

  4.  アーグさん
    あ、そうでしたか。私の方こそ真意を読み取れていなくてすいません…。

    「紅蓮の弓矢」には相当ハマったので、Revoさんのことはネットでいろいろ調べさせてもらいましたよ。てっきり私は新人アーティストと思っていたら、まさかこんなにもキャリアがある人だったなんて。