クズの本懐第6話「X次元へようこそ」雑感

勝ちたいんや! 茜との対決姿勢を露わにした花火は、自らも修羅の道に身を投じることを決意。以前、私は感想の中で「ビッチを制するならより格上のビッチとなれ!」とけしかけたと思いますが、いざ彼女がその道を選ぶとなると複雑(笑) 自暴自棄気味にこういう選択しちゃうと、取り返しのつかない後悔に見舞われそうで心配ですよ。

まずは身辺整理。麦とは正式な恋人として関係を強化させ、逆に早苗との関係は清算。が、誤算だったのは早苗も既に修羅に生きる女だったこと。別れを切り出しても、「だから何?」「利用ぐらいしてよ」とまるで取り合おうとせず、むしろ開き直って学内でも平気でセクハラしてくる大変厄介なクレイジーサイコレズに。花火は今見誤りました。地を這う女の情念を…!

まぁ、えっちゃん(早苗)サイドから物を言えば当然というか、今更一方的な都合で関係を終わらせようだなんて、そうは問屋が卸さないですよね。ただ私が気掛かりなのは、えっちゃんは明らかに自分に無理をしていますので、このままだと彼女の心身が先に壊れちゃいそうで…。どっちにしろ未来のない関係ですから、えっちゃんもある程度のところで花火と自分を解放してあげてほしいな。

「男を落とすなんて簡単だよ。あのね、心を開いたフリをするの。開かなくてもいい。本当の心は」

花火に本命の男がいることを知る早苗は、男の落とし方をアドバイス。その一言に触発された花火は、手始めにファミレスで茜が連れていた男を籠絡せんと、助言通り相手に興味があるフリをして歓心を引き、デートの約束を取り付けた。花火ほどカワイイ娘がこんな表情で誘いかけてきたら、そりゃ簡単に男は落ちますよねぇ(笑)

「学校帰りですから(JK売りですから)」

学校帰りという理由付けで、デートに制服を着てくる強かな計算。現役JKという自分が持ちうる武器を最大限に活用してくるところは、立派な悪女の素質を感じます!

そのまま男は花火に食いつき、あっけなく籠絡成功。ところが、寸前になって花火は大事なことに気付く。例え彼を寝取ったところで、茜からすれば数いるセフレの1人にすぎず、まったく同害報復にはならない。それどころか、茜の数いるセフレ男の、数いるセフレ女の1人となれば、茜とは決定的な格差が生まれてしまう。「このままじゃまずい」と慌てて方向転換し、なんとか彼とのセックスは回避。

見ていてひやひやする一場面でしたが、この男も途中であっさり引き下がってくれてよかったですよ。制服のJKとキスして押し倒したところでおあずけ食らって、よく素直に我慢できたなと(笑) 女に不自由していないからこその余裕とはいえ、ここで中断できるのは並大抵の精神じゃない。ただやりたいだけのチャラ男に見えて、実は誠実な男なのかも…!?

「私と違ってアイツは、始めから自分の価値が高い位置にあって、自尊心が満たされてる。削れることもないんだ。比べて私は、他人の評価を通じて、自分の自尊心を取り戻そうとしてる。この差は大きい」

今回は子供の浅はかさを露呈してしまった花火だったものの、失敗を糧に学習できたことは偉い。相手は総てのセクシーの生みの親、空前絶後・超絶怒涛のセクシー教師サンシャイン茜ですから、ちょっと背伸びして悪女の真似事したところで、そう簡単に太刀打ちできるものじゃございません。今、花火が本気で茜に勝つためには、如何なる手段を取るべきなのか、もっと真剣に考えないと。

(キスは普通。隠すのが上手くなったのかな? ……いやぁ、いいねいいね! 正直言って疼くよ。俺のクズ女レーダーが)

自分が花火に二股掛けられていることを察しながら、そこに愉悦を見出す麦も、また業が深い。本当にクズの本懐の登場人物は、まともな奴が誰1人いやしないな! と思ったところで、現状このアニメの唯一の良心、最可が再登場。すっかり彼女の存在を忘れかけていましたが、彼女もこのクズどものカーニバルに本格参戦してくるのでしょうか? 最可までクズの闇に染められてしまうのは、見たいような見たくないような…。

★今週の安楽岡花火★

「会長との間で取り決められた多額の賭け金。連中は、その金の分だけ勝とうとした……。そこが勝負のポイントだと勘違いした。錯覚です。あまりに賭け金が巨額であるがゆえに生まれた錯覚……。そんなものポイントでもなんでもない。真に勝敗を分けるポイントは、対戦相手の破滅。これしかない…! 相手の破滅を目指さずして、どうして相手を追い詰められましょう……」

現在ドラマ放送中「銀と金」の平井銀二の名言。茜を倒すつもりなら、彼女から男1人、2人奪い取ったところで効果はなく、総てを丸ごと掻っ攫って、奴をこの寒空に無一文で放り出さなきゃ意味がないってことですね! 「勝つということは、相手の心臓をつかむこと。つかんだらしぼること。そして………、つぶすこと…!」

クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2017-03-29 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 3,985 より )

Amazon価格:¥ 5,848

時間:44 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。