クズの本懐第5話「DESTRUCTION BABY」雑感

しかし、君らセックスしてばかりだな! 冒頭でまず早苗×花火、回想で麦×芽衣先輩、再会して再び麦×芽衣先輩、学校の屋上で麦×花火、放課後ホテルで茜×鳴海、同時刻麦の部屋で麦×花火、30分アニメで計6回とはお盛んすぎるでしょ。みんなけものフレンズなんだね!

大地を揺るがす特大ビッチだった茜さんのクズの本性を、麦本人は気付けているのかどうか興味深いところでしたが、彼は茜さんが清楚可憐な女性でないことをちゃんと理解できていました。憧れの女性が簡単に男と寝る尻軽女である事実を知り、一時は失意のどん底に落ちつつも、改めて彼女の蠱惑的な魅力に取り憑かれてしまったという変遷がとってもリアル

(その角度、カワイイと思ってやってんな)
(うあぁ…。吐きそう。それ、ラブホのシャンプーの匂いなんでしょ…)
(こんの女ぁぁ……っ!!)
(計算かっ!? 浅はかさすら計算なのかぁっ!??)
(でも……なんだかそれから俺は……。なんだか更に虜になってしまったのである)

彼の気持ちは痛いほどにわかるというか! 自分を可愛く見せようとするあざとさ、簡単に男に身体を許すふしだらさってマイナス要素ですけど、突き抜けると立派な女の武器であり魅力になっちゃいますから。たぶん、茜のような一流の悪女はそれすらも計算のうちなんでしょう。装った清純さで男を騙そうとする女は所詮まだ二流で、本物の悪女なら清純さの裏にある淫らな本性で男を誑かせる

「あっ。むぎちゃん、クリームついてるよ?」

家庭教師時代のセミロングな茜さんは、自分的にもドストライクすぎて困る~。学生時代にこんなエロい家庭教師が身近にいたら、そりゃ人生観歪みますよ! CV豊崎愛生さんだから、声もめちゃくちゃカワイイし! 彼女が「むぎちゃん」って言うと、完全にけいおん!の世界ですね。

花火への当てつけでキープしている鳴海(鐘井先生)は、どうやら茜さんにとっては耐えがたいほど退屈な男のようで、一緒に飲みに付き合ったときも、彼があまりにつまらない人間ゆえついつい酒ばかりが進み、ガチで酔っ払ってしまったという(笑) 彼女のように打算のみで生きていそうな女性が、こんな風に意外と脇の甘い一面を見せられると、ものすごく可愛く感じてしまうサガ。計算9割天然1割なところが本当に好み。

ふらふら千鳥足でお店をあとにし、躓いて転倒してしまいそうなところを、優しく抱き留めてくれた鳴海にときめく……ことはなく、このとき誤って「花ちゃん」と口走ってしまったところで、初めて彼に興味を持ったのがまた面白い(笑) 普通、間違えて他の女性名前で呼ぶなんて取り返しのつかない失態ですが、茜さん的にはこれでスイッチ入るんだもんなぁ~。

結局、2人は連れ立ってホテルへ(その前に申し訳程度に夜景を見に行ったエピソード好き)。いざ事が始まろうとする直前、「い、いいんですか?」と今更了承を取り付けようとする鐘井先生のエロゲ主人公っぷりも笑えます。何なんでしょうね、このエッチする前に「本当に……いいのか?」と確認を取る無粋な行為って。責任を押し付けたいからでしょうか。

言われた茜は盛大に呆れつつ、それでも不満を表に出さず、逆に花火への嫉妬を滲ませた演技で、男側に積極性を促したところが上手い。さすが誘い受けを熟達されていらっしゃる。単に鐘井先生がちょろすぎるだけかもしれませんが(笑) 今のところ、鐘井先生は完全にちょろい先生、もしくはカモい先生としか言えないんですけど、実はわざと童貞っぽさを装っている可能性もある…!? もしそうなら、茜先生よりも数段上手のピカロ。この作品のキングオブクズに決定ですよ!

「昨日、鐘井先生と……しちゃった♪」

事を済ませば、翌日早速花火に事後報告。学校の廊下の擦れ違い様に、男寝取ったことを生徒に報告してくる教師嫌すぎ!(笑) クズの全開! でも、この強キャラ感にワクワクしてきますね~。この女だけは絶対に倒さなくてはならないと、使命感に燃えてくる。このまま花火VS茜でばっちばちにライバルとして啀み合ってもらって、死闘の果てに決着をつけてもらいたい! そして、決着がついたあとは、花火と茜でセックスして和解しよう! ノーサイドの精神で!

★今週の安楽岡花火★

「んっ、うぅっ…た、んんっ、たい…! 痛い痛いっ…! 無理っ!」

遂に処女喪失かと思いきや、痛みに耐えかね寸前で拒否したシーン。ここでの声優さんの演技が真に迫りすぎていて、ものすごくいけない気分になってきます(笑) 安済知佳さん、声質は花澤香菜さんと激似のアニメ声なんですけど、リアルな喋り口ですごく自然な演技なのがツボ。「はああぁぁぁぁぁ!? ありえない! 見る目なさすぎっ! 死んで!」の言い方もめちゃくちゃ好きでした。

しかし、このアニメのアフレコ風景を想像すると心配になってきます(笑) 濡れ場ばっかりで、地獄のような空気になっていませんかね!?

クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2017-03-29 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 2,705 より )

Amazon価格:¥ 5,180

時間:44 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. タイトルで言うほどクズじゃないなと思ってたんですが、皆川先生は正真正銘クズなんでこの人が出てから楽しくなってきました。
    酔っ払う彼女がかわいいと思えたんで自分もチョロい先生だと思いますw

    • 倫理に違反しているようでしていないので、厳密に言うとクズ人間ではなく、どちらかというとダメ人間の集まりと言えますかね。茜先生ですら、不倫をしているかは微妙ですし、未成年にも手を出していなさそうなので、今のところは人の道に外れていない気がします。ただ人並み外れてビッチなだけで…。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。