キルラキル第24話「果てしなき闇の彼方に」雑感+総括

怒濤の展開を見せた最終回でしたが、蟇郡が身を挺してマコをかばったことも、最後は宇宙規模の戦いになったことも、流子が皐月を「姉さん」と呼んだことも、総てが予定調和。クライマックスに向けて大盛り上がりしていたところ悪いですけど、正直その一歩手前で気持ちが冷めていた自分がいましたね~。

勿論、熱い展開を演出するにはそういった「お約束」が欠かせないこともわかるんですが、キルラキルは常に型破りなスケール感で視聴者をあっと言わせてきた作品だけに、最後にその器の大きさを見切られてしまったらやっぱりダメなんじゃないかな~と。最後まで視聴者の想定を超える作品であってもらわなければ。

宇宙で繰り広げられた羅暁とのラストバトルも、人はどうあるべきだとたらたら能書き垂れながらのガンダム的なノリだったので、個人的には全然受け付けませんでした…。戦っている最中にごちゃごちゃ御託を並べているのって、真剣味が感じられなくて嫌いなんですよ。

私がキルラキルの終盤の盛り上がりにノリ切れなかった理由は、羅暁に終ぞ魅力を感じられなかったところが大きいです。針目縫が登場した辺りから面白さに陰りを感じ始めていましたけど、皐月に成り代わり羅暁がラスボスに君臨し始めた時点で気持ちが切れてしまいました。

悪役に魅力を感じるポイントは、そのキャラの思想や強さにあると思います。やっていることは悪でもその先にある信条が共感を呼ぶものであれば魅力を感じますし、逆にひたすら悪の道を極めるド外道であっても、それはそれで悪の格好良さと映る。そして、純粋な“強さ”があれば善悪を超えた魅力になり得るもの。

しかし、羅暁にはそういった共感や強さを感じることがありませんでした。彼女が計画を推進した「天種繭星」は共感を憶える代物ではなく、絶望的な強さを持ち合わせたというほどでもない(しぶとくはありましたが)。羅暁は悪役として、その資質を満たしていたかは微妙なところですね。

それまでラスボスの立ち位置だった皐月が非常に魅力ある悪役であっただけに、羅暁が余計見劣りしてしまった感もあります。キャラとしての魅力で皐月と比較すれば、羅暁の方が圧倒的に格下。流子と皐月のライバル同士が手を組み、更なる強大な敵に立ち向かう展開には燃えるものがあっても、その“更なる強大な敵”に格下感が漂ってしまっては成立しないんですよねー。こんなことなら、シンプルに流子と皐月の決着で終わってくれた方が良かった。

敵役が皐月から羅暁に成り代わったもう1つの弊害は、味方になった途端、皐月の魅力が急激に薄れてしまったこと…。敵として対峙していたときはあれほど強大な存在であったのに、仲間になると囮程度にしか役立たない弱々しさ。「敵にすれば恐ろしいが、仲間にすれば頼りない」はバトル漫画やプロ野球で多く見られるパターンですけど、まさかあの皐月様までそれに該当してしまうとはショックでした。

最後の私服&ショートカットが超絶可愛かったからいいですけどね…(笑) 最後になっていろいろ不満を並べてしまいましたが、別にキルラキルが駄作だったとは思いません。面白いか面白くないかで論じれば、面白かった方。でありながらここまで不満点が噴出してしまったのは、偏に高まりすぎた期待感の反動ですよ。キルラキルは自らハードル上げまくった挙げ句、自らの首を絞めていた気がします。

総括

冷静に振り返ってみれば、ピークは第3話でしたね(作画的にも)。早くも皐月との対決を迎え、早くも流子が神衣との一体化を果たし、早くも最終回を迎えたような大迫力バトル。何もかもが早すぎたんだと思います…。「3話でこれだったら最終回はどうなっちゃうんだ!?」と期待感ばかりが膨んでしまい、いざ最終回を迎えた今、こんなにも微妙な気持ちになってしまったのですから。

2クール目のOPが格好良すぎたこともマイナスでした。無数のモブキャラを吹き飛ばしながら、脇目も振らずに全力で斬り合う流子と皐月。ド派手に血飛沫を上げながらの死闘を見せられ、来る2人の決着にはこんなにも胸を熱くさせるバトルが待っているのかと、毎週OPを見るたびにボルテージが上がっていたのに、本編ではこんなシーン存在しなかったのですから…。本編の内容がOPアニメより下回るのは勘弁して欲しい。そういうOP詐欺はウィザード・バ○スターズだけで充分。

好意的な物の見方をすれば、キルラキルはフィギュアスケートのようなアニメだったのかもしれません。最初に大技であるトリプルアクセルを決めて、あとはまぁミスなく無難に演技をまとめた感じ。途中見せたコンビネーションジャンプやキャメルスピンも華麗で美しかったですけど、でもやっぱり見せ場は最初のトリプルアクセルだったよね的な。

フィギュアのように最初からそういう演技構成だと知らされていたなら、私もつべこべ文句言わずに楽しめたかもしれませんが、やっぱりアニメは最初に3回転ジャンプを見せられたら、締めでそれ以上の4回転ジャンプを期待してしまうもの。そういう意味で、ややアンダーローテーションな作品でしたね。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 894 より )

Amazon価格:¥ 5,420

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. キルラキル TBS(3/28)#24終

    最終回 第24話 果てしなき闇の彼方に 公式サイトから『神羅纐纈』、その力は、神衣、極制服に含まれる全ての生命戦維の力を絶対服従させるものだった。最終局面にして流子たちは一…

  2. キルラキル KILL la KILL 第二十四話(最終回)「果てしなき闇の彼方に」

    生徒会四天王の一人、猿投山渦は一つ星極制服を着た学生達と共に超極制服百騎馬戦陣で

  1. まあ確かに、3話でハードルを上げすぎましたよね。
    私もスタッフのインタビューで最後はとんでもないことになると聞いていたので、思ったよりは普通の展開だったとは思います。

    ただ作品としてはかなり好きな作品になりました。
    緻密なストーリーがどうのこうのと頭でっかちな視聴者が増えている中で、嫌われることを恐れずこんな威勢のいい作品をぶちあげて完結させたトリガーには拍手を送りたいです。

    内容については、ラギョウに魅力を感じなかったのは私も同じでした。
    というかこの人、説明が全然なかったですからね。
    生命繊維に精神を侵食されたのか自ら支配されることを選んだのかとか。
    説明不足を朴さんの怪演で補っているようなキャラでした。

    一方、皐月については私は後半のほうが魅力的、というか最高のキャラだなと思いました。
    流子にすべてを打ち明けた後の、憑き物が落ちたような柔らかい物腰は自分の本性も犠牲にしてたんだな、と感動しましたし、ラギョウの計画阻止の決定打となる流子奪還は彼女がいなくては成しえませんでしたから。
    ラギョウに敵わなかったのはさすがに設定上仕方ないと思います。
    彼女は(一応)人間ですから(笑)。

    それから流子が人と服の違いを叫ぶシーンはガンダムとかと違って必要なシーンだったんじゃないでしょうか。
    神羅纐纈から絶対服従の能力を吸収して、世界のカバーズに命令することこそが決定打だったんですから。
    ガンダムでどうこう能書き垂れるのがいらないのは私も賛成ですが。

    私としての一番の不満は24話もやっちゃったことですね。
    4話から15話くらいまで早く核心に入らないかな~とずっと思ってた気がします。
    おかげでトリガーの超作画力ももう一つ発揮しきれなかった印象です。

    そういえば、トリガーの次回作は浅生さんの苦手なラノベ原作らしいですよ。
    猫に小判なんてことにならないか、今からちょっと心配です。

    •  yukiさん
      2クール視聴者の興味を惹き付け続けるのは困難ですが、キルラキルは明らかにペース配分おかしかったですからね。最初から思いっきり飛ばして、「こんな調子で2クール持つのかな!?」と心配していたら、案の定ぜーぜー息切れしちゃって(しかも結構早い段階に)。

      いきなり奥の手を晒して、その先にまだもっとすごい秘中の秘があるならいいですけど、それがないというのではお話にならない。私は、最初に各部活の部長を1人ずつ倒していく展開をもっと続けても良かったと思いますよ。袋田と伊達の2人だけで終わってしまったようなものなので、あれはもったいなかったです。せめて6話ぐらいまでは部活制圧編をやってくれたら。

      ストーリーに関しては最初から期待していませんので、勢いとノリだけで突っ切ろうとしたことにはそんなに否定的でありません。だから最終回も、宇宙バトルが始まるまではフツーに楽しめましたね。

      >(羅暁)この人、説明が全然なかった
      彼女を妄執に駆り立てた理由が伝わってこなかったのは残念。なんか頭のおかしいオバサン程度の認識だったので、その辺が魅力薄に感じられる原因でした。

      >(皐月)憑き物が落ちたような柔らかい物腰は自分の本性も犠牲にしてたんだな、と感動
      性格が少し丸くなったというか、優しくなったのは私も良かったと思います。いつまでも眉間にしわを寄せて肩肘張っているのもなんなんで。でも、強さまで落ちちゃったのはなー。最後は流子と羅暁の一対一ではなく、あくまで2人で一緒に戦って欲しかったー。

      >流子が人と服の違いを叫ぶシーンはガンダムとかと違って必要なシーンだった
      なるほど~。まぁ、やるにしても戦いながらではなく、戦う前に話し合って欲しかったですけどね。

      >トリガーの次回作は浅生さんの苦手なラノベ原作らしい
      ラノベ原作だからと言って一概にダメだと決めつけたりはしませんよ! TRIGGERさんが見込んだ作品なら、きっと見どころのある作品であるはず! ん!? タイトルは「異能バトルは日常系のなかで」!? 私はパスで!!

  2. 皐月といい、縫といい、ライバルや復讐相手ときっちりとした決着がつかなかったのは盛り下がった大きな原因な気がします。

    ある程度突飛になってしまうかもしれませんが、ラギョウを倒した後に「これで邪魔者は居なくなった」とか言って皐月が真のラスボスとして君臨するような展開でも良かったかもしれません。

    •  ゲストさん
      同感ですね~。特に縫との決着は引っ張りすぎました。遅くても20話・22話辺りで決着をつけておくべきでしょうに。最終回まで引っ張りながら、結局まともに復讐を果たすことなく終わってしまったのは痛恨ですよ。キルラキルは同じキャラとの再戦が多すぎました。