キルラキル第19話「たどりついたらいつも雨ふり」雑感

流子と皐月が共に破れ、鬼龍院羅暁の専横を許してしまった今、COVERSの日本征服が始まる。人間を内部に取り込むことで自立活動を可能とする人型COVERSが次々と人々を襲い、満艦飾マコもその犠牲者の一人として捕食されてしまう窮地。今気付きましたけど、REVOCS(リボックス)社はCOVERSのアナグラムだったんですね。

本能寺学園四天王たちは、敵対していたヌーディストビーチと結託し、一先ず大阪にある彼らのアジトに身を隠す。生命繊維で作られた極制服を脱ぎ捨てた彼らは、同じく裸のヌーディストとして転身。別にわざわざ裸にならなくても、ユニクロとか他の服を着れば良かったような…?

美木杉の露出癖はいつものことなので今更ツッコミ入れる気もないですが、マコのお母さんがずっと彼の股間をガン見していたのが面白かったです(笑) 恥じらったり喜んだり特に反応することなく、子供みたいに普通にじーっと凝視していたのが可愛すぎる!

流子の父、纏一身の正体は総一郎であったことが判明。私はてっきり流子と皐月は異父姉妹だと思い込んでいましたけど、正真正銘の姉妹だったわけですか。あのイケメンパパ総一郎が、しょぼくれたジジイが同一人物だったとは読めなかったな~。

冒頭でCOVERSに取り込まれてしまったマコは、ダニ取り掃除機のような要領で中身の人間だけを綺麗に抜き取る「急急救命吸引具」によってあっさり救出。マコが無事なのは何よりですけど、こんな便利グッズで簡単に助かっていいの~?(笑)

マコが捕らわれたことを誰よりも心配し、マコの救出に誰よりも必死だった蟇郡は、マコに対する好意を隠そうとしなくなってきましたね。蛇崩からそのイチャイチャっぷりを冷やかされたり微笑ましい限りなのですが、このタイミングで2人の恋仲を匂わせてくると、蟇郡の死亡フラグのようで素直にニヤニヤできない…!! 最後は身を挺してマコのための犠牲となってしまいそうで…。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 570 より )

Amazon価格:¥ 5,393

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


3 Responses so far.

  1. ゲスト より:

    蒲郡が乃音たんに言っていた「名前を呼んで欲しいときはまず自分から~」というのはマコの受け売りなんですよね。4話の登校する話でマコが言っていたかと思います。ここはちょっとじーんときてしまいました。

    •  ゲストさん
      そこはまったく気付いていませんでした! マコの言葉に共感して影響されていたとなると、本当にいい話ですね。ああ、でもこれもフラグに思えてきてしまう…! 蟇郡さん死なないで!

  1. キルラキル 第19話 『たどりついたらいつも雨ふり』 COVERSと人類の存亡を賭けた戦いが始まった!!

    マトリックスのようなターミネーターみたいな。COVERSが人を取り込んでエネルギー源にするのは「マトリックス」で人類を電池にしていた事を思い出します。また町中を捜索している様…