キルラキル第14話「急げ風のように」雑感

東から夷狄がやってきた!! 傍若無人な東方の侵略者どもから歴史ある関西の地を守るため、大阪・京都・神戸の三都が手を取り合って立ち向かう! 普段は仲悪くて罵り合っているけど今だけ一致団結!

一番手は神戸! 神戸地区制圧を任された蟇郡苛の一隊に対抗するは、神神戸高校総代の大林九二と副総代桜宮健太が率いるアメフト軍団! ……って、なんで神戸=アメフトなんでしょうね? 確かに関西学院大学は強いですけど、神戸じゃないですし。それなら神戸製鋼のラグビーをモチーフにした方がイメージ的にしっくりきたんじゃないでしょうか?

漫画やアニメに出てくるアメフト部員はいつも雑魚扱いなのでどうせクソ弱いんだろうなと思っていたら、生徒手帳を投げつけられただけで全滅しやがりました。いくらなんでもひどすぎる…。まったく、格好ばかりの神戸め! 所詮は兵庫県民よ!

続く京都は、安倍晴明をモチーフとしたであろう四神使いの陰陽師たちが立ち塞がる。幻術攻撃で蛇崩乃音隊を苦しめるも、犬牟田のエッシャートポロジーアタック(原理不明)による加勢で一気に形勢逆転。幻術を破られた彼らは為す術なく蛇崩に駆逐されてしまう。まったく、プライドばかりの京都め! 所詮はパン食の民よ!

いつも偉そうに上から目線な神戸も京都も情けないったらありゃしない。こうなったらやはり関西を背負うべきは大阪! 東京モンに関西人の意地を見せたらんかい!

って、やっぱり大阪はこういうキャラか(笑) そうでしょうよ、そうでしょうよ! どうせそんなことだろうとは思っていましたよっ!!!(涙)

もう京都人が語尾に「どすえ」を付けること以外は全部偏見に満ちた描写じゃないですか~。漫画やアニメで関西人がこういった悪意ある描かれ方をされるのはしょうがないにしても、何故関西人の方が悪者として描かれるのか納得いかない! どう考えても悪いのは一方的に侵略してきた本能寺学園の方でしょうに! ネイティブアメリカン(インディアン)を悪者のように描く、差別意識に歪んだ白人の傲慢さと一緒ですよ! あと、本能寺は京都なので、勝手に関東の高校が本能寺学園を名乗らないでください!(笑)

冗談はさておき、三都制圧襲学旅行と大仰な作戦名で始まった第2クールですから、東西全面戦争編として大規模な戦いを期待していたのに、まさかこんな雑な扱われ方をされるとは思っていなかったです…。出てくるキャラは揃いも揃って、うっすい上澄みだけの関西要素で描かれた噛ませ犬ばかり。まともなライバルが1人も出てこないまま、1話にしてほぼ関西壊滅状態だから泣けてくる。こんなことなら、無理に関西の高校とか出さなくていいよ~!

関西の強者たちとの激しい死闘が繰り広げられるところが見たかったのに、ホント残念すぎます。ここ最近のキルラキルは、「おっ」と目を瞠る新展開で期待させながら、ことごとく結果が伴わず尻窄み。このままじゃ勢いだけのハッタリアニメで終わりますよ~?

浪速の新名所「浪速スカイタワー」というのは吹いた(笑) こういうセンスは好き。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 540 より )

Amazon価格:¥ 4,000

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. キルラキル14話「急げ風のように」 感想

    京都、大阪、兵庫、全部住んだことのある人間としては、残念な扱いでいたたまれなかったのぉ。 ダサイ部分は全然おっけーなんだけど、もうちょい面白く弄れた部分もあったように思…

  2. キルラキル 第十四話「急げ風のように」 感想

    囚われのヒロイン、鮮血。

    あらすじ
    美木杉のアジトで目を覚ます流子。美木杉が拾った鮮血のスカーフのおかげでバラバラに切り刻まれた鮮血となんとか意志の疎通ができるが、残…

  3. 乳首券大量発行 キルラキル 第14話「急げ風のように」感想

    「流子、私のバラバラになった体は襲学旅行の生徒に配られた」
    「じゃあ、残りは関西か」

    縫との戦いに敗れ放置されていた流子は愛九朗によって介抱され、いつもの部屋で目を…

  4. キルラキル 第14話 『急げ風のように』 大阪のテンプレ要素をこれでもかと詰め込んだキャラクターに唖然。

    出撃する皐月と追う流子。三都制圧襲学旅行に向かう皐月達。彼らに鮮血を奪われた流子もまたこれを追いかける。京都、大阪、神戸を舞台に三つ巴の戦いが繰り広げられる訳です。 こ…

  1. 関東VS関西ということならまだ龍が如く2のほうが面白かったですね。

    関西側が全くのかませ犬だったというのも残念ですが、鮮血回収があっさりしていたのも残念でした。まあ、細かく裁断された生地を各生徒に一枚ずつ配る、という時点で1枚1枚丁寧に回収する話にはならないだろうなぁと思っていたのですが、想像以上に適当でした。

    これなら、四天王に配布して強化四天王との再戦、とかのほうがまだ話として面白くなったような。

    最近のキルラキルは入りはすごいわくわくするのに、なんだよそんなオチかよ・・・という展開ばかりなので、そろそろ真面目にシリアスして欲しいところです。

  2.  多分日本制圧は全体から見ると茶番、もしくは準備でしかなかったっていう話になるんだろうな、と思っていたので話をあっさり流したのは予想通りでしたね。

     世界支社との会合を控え、既に世界を手に入れているかのような母親と未だ日本制圧も出来ておらず、子供の遊びと切り捨てられていた皐月。大物オーラは出していましたが真の目的のために途中で仲間になるライバル臭しかしていなかったのも確かですし。

    流子の覚醒イベントをやっている間に関西制圧を終えて帰ってきた皐月を流子が倒す流れなのかなって思っていたので逆に流子の立ち直りが異常に早かったことが意外でした。

     構成上流子の鮮血喪失イベントを挟んでから皐月を倒したいけど全国制覇が終わっていると皐月が流子を相手にする必要がなくなって困るのでそのために関西との戦いを挟んで時間を稼いだって感じなんでしょうかね。

  3. 関東住みとしては大阪京都神戸が仲よくないというのが以外でした
    地域対立はおもわぬ間柄で起きますね

  4.  ゲストさん
    三都制圧襲学旅行は2クール序盤の軸となる展開だと思っていましたけど、来週・再来週にはさらっと終わっていそうですね。そうだとしても、せめて少しぐらいは苦戦するような見せ場があって欲しいんですが…。宝多金男じゃあなあ。

    >1枚1枚丁寧に回収する話にはならないだろうなぁと思っていた
    こっちも実にあっさりでしたね。普通のアニメなら鮮血の生地回収話だけで数話引っ張るところを、キルラキルは1話でほぼ終わらせてしまった。そのテンポの早さというのは間違いなくキルラキルの魅力とはいえ、何でも矢継ぎ早に次の展開に進んでしまうと1つ1つの話が軽くなってしまうので、もうチョットバランスを取った方が良いかなとは思います。

     smatさん
    日本統一(関西制圧)はさっさと終わらせて、世界との戦いをやりたいという思惑ですかね。そんなに風呂敷広げる必要があるアニメとも思えないんですけどねぇ。本当は本能寺学園内で覇権を争うだけの狭い世界観のアニメでも良かったと思います。日本とか世界とか宇宙とかに話を広げるより、そっちの方がキルラキルっぽかったんじゃないかな。

    >流子の立ち直りが異常に早かったことが意外
    あまりくよくよ塞ぎ込んでいる姿を長く見ていたくないですし、パッと切り替えて行動に移せる流子ちゃんが好きですね。

    関係ないですけど、鮮血を失ったあとのジャージ姿の流子ちゃんがやけに色っぽく感じました。痴女スタイルの戦闘服には見慣れてしまったので、逆にジャージ姿にときめいてしまう。鮮血復活はもう少し引き延ばしてくれてもいいな。

    >流子の鮮血喪失イベント
    なんか字面だけだとエロゲっぽいイベント!(笑)

     神楽坂さん
    京都と神戸が共に大阪を嫌っていて(見下していて)、大阪と同列視されることを極端に嫌います。でもそんな京都と神戸も仲が良いわけではないという複雑な関係です。三国志ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。