キルラキル第10話「あなたを・もっと・知りたくて」雑感

ドラムメジャーの風体でマーチングバンドの楽隊を引き連れる蛇崩乃音は、文化部統括委員長の肩書きを持つ、生徒会四天王の紅一点。猿投山が初めて極制服の変型を見せたときは、その巨大ロボのような出で立ちに度肝抜かれたものですが、彼女の場合、服を通り越して、鎧を通り越して、ロボを通り越して、さながら要塞のよう。規格外の巨大さは完全に兵器レベルです。

攻撃方法は、オーケストラが奏でる大音量の音楽。騒音で苦しめてくるというよりは、音符の塊をぶつけてくるという極めて物理的な技。しかし、次々と降りかかってくる鋭利な音符の雨は侮れず、流子は逃げ惑うことで精一杯。

「うーん、なんか音が足りないわねぇ? …あ、そっか」
「転校生、あんたの悲鳴ね!」

2つめのセリフは、正確には「でんごうぜいあんだのひめいねぇぇぇ!」と超だみ声なんですよね(笑) このときのゲスな表情も非常にツボで、思わず何度も繰り返し見てしまったワンシーンです。

新谷真弓さんは甲高いコテコテのアニメ声でありながら、潰れただみ声が特徴的。滑舌が悪い・だみ声というと声優的にはマイナスだと思うんですが、彼女の場合、その独特な声質が個性となって非常にいい味を出していますよ。小桜エツコさん系と言えばいいのか。ロリ系のキャラクターなのに、微妙に年齢を感じさせるところも個人的にはありです(笑)

追撃の手を緩めることのない蛇崩は、奏の装-プレスト-によって空高く浮上し、高みからミサイル攻撃で空襲する。極制服って、一応学生服のことだったような…?(笑) 飛行能力まで兼ね備えて、ミサイル攻撃も可能だなんて、比喩ではなく戦闘機そのもの。もはや人間の戦いの枠を超えていますよ。

さすがに打つ手なしかと思われた流子ちゃんでしたが、土壇場で神衣鮮血を飛行形態に進化させ、自らもロケットのように飛翔して見せた。スケール感の大きな戦いは歓迎だと言えますけど、こんな風に何もかも神衣の進化に任せた戦いになってくると、私はチョット面白味が失せてくる…。どんなピンチも、都合良く神衣がパワーアップして乗り切ってしまえるんじゃあなぁ。

そういえば、前半に犬牟田宝火戦もありましたが、こちらはあまりに見どころがないまま終わってしまいました。徹底的にデータ重視で戦う頭脳派タイプと直情径行な流子の対決は楽しみでしたし、光学迷彩で姿を消せる設定もアイディア次第でいくらでも面白い戦いになりそうだったのに、あっという間に降参してしまったのが残念。

肉眼で姿を捉えられないなら、打撃面を広げて逃げ場を残さず一網打尽にするという着想は、幽遊白書の桑原VS戸愚呂(兄)が頭を過ぎった人も多いのでは? キルラキルはちょくちょく幽遊白書っぽさがありますね。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 894 より )

Amazon価格:¥ 5,420

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. キルラキル KILL la KILL 第十話「あなたを・もっと・知りたくて」

    今から五年前。中学三年生にして天才クラッカーだった犬牟田宝火はと大企業リボックス

  2. キルラキル 第十話「あなたを・もっと・知りたくて」 感想

    私が極制服を一番上手く使えるんだ

    あらすじ
    二人目の四天王は情報戦略部委員長・犬牟田宝火 (いぬむたほうか)。最小限の戦闘で流子と鮮血の動きを分析する犬牟田。その極制服の力…

  3. 『美少女×巨大兵器』は大昔からのお約束 キルラキル 第10話「あなたを・もっと・知りたくて」感想

    塔首頂上決戦の第一回戦で蟇郡を下し二人目の四天王、情報戦略部委員長『犬牟田宝火』との戦いに臨む流子。

    流子と鮮血のデータを解析する犬牟田を相手に流子は“無理”をする…

  4. キルラキル 第10話 『あなたを・もっと・知りたくて』 蛇崩の思いは一方通行っぽい。

    僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ!何だかアムロっぽい台詞を言って皐月との繋がりを強調する蛇崩。でも皐月無反応。蛇崩の皐月への入れ込みに対して、皐月が蛇崩をどう思って…

  1. いろいろ言いたいことはあるけど乃音たんが可愛かったからいいや!あ、来週はまた新たなロリキャラが登場するみたいですね。これにも期待です!

    個人的にはマコと蒲郡の仲が気になってきてしまったというか。こういう我を貫く人が実力者に認められるという展開は好きです。正直この2人は恋仲にまで発展するまでを描いても良いんじゃないかなぁと思ってしまったり。

    ただまあ、土壇場で本人がパワーアップする展開は燃えるけど、兵器がパワーアップする、というのはどうしても萎えてしまいますね-。

  2.  ゲストさん
    四天王との戦いを順番に描くと思ったら、また途中で曲げてきましたね。それでこそキルラキル。バトルばかりで単調になり気味でしたし、猿投山との戦いはついこないだやったばかりなので、変化を入れてくるのはいい判断です。

    >個人的にはマコと蒲郡の仲が気になってきてしまった
    そこに目を付けられましたか! 私も同感で、ぶっちゃけ、第4話の「ノー遅刻デー」での2人のやりとりから、蟇郡とマコが恋仲に発展していく可能性をずっと嗅ぎ取っていましたよ~。そういうラブコメの匂いには敏感なんです(笑)

    マコの奇想天外な発言に蟇郡は度々感銘を受けていますし、くっついてもおかしくない2人。真面目な蟇郡とちゃらんぽらんなマコはいいカップル。

  3. 神衣がどんどん進化して便利な存在になっているのは意図的な部分もあるのかな~と。

    今回美木杉もフラグ立ててましたけど脚本家の中島かずきさんは自分が編集者をしていたゲッターロボの原作者石川賢さんの影響を受けているのか急激な進化とそれに伴う負の側面を作中で取り上げることが多いんですよね。

  4.  smatさん
    あ、なるほど。調子乗って神衣の進化に頼りすぎていたら、痛いしっぺ返しを食らう展開もあるってことですね。美木杉が伏線匂わせていましたし、確かにそれはあり得るかも~。

    そういった教訓含みでの進化であれば、私も好意的に見られます。流子ちゃんには悪いですが、少し痛い目に遭っていただかないと…。