キルラキル第8話「俺の涙は俺が拭く」雑感

現行のヒエラルキー体制を取り壊し、本能寺学園生徒の身分格差を一度ゼロに戻した上で、改めて戦いによって序列を決め直そうとする壊懺総戦挙(かいさんそうせんきょ)。要するに、コンセプトとしては幽遊白書の魔界統一トーナメントと一緒ですね。決戦闘兵(けっせんとうひょう)の舞台を目指すため、数多の戦士たちが死闘を繰り広げる過酷なサバイバルレース! 往年のジャンプ王道展開が始まった!

幽遊白書でも、私が一番好きな話はまさにこの魔界統一トーナメントだった(作者が途中で飽きて投げちゃったけど)ので、否が応でも燃えてくる展開ですよ!

前評判では流子と四天王の優位は揺るがないでしょうけど、魔界統一トーナメントでも煙鬼とかよくわからないオッサンが優勝したように、組み合わせや状況次第では何がどう転ぶかわからない。もしかすると意外な人物が勝ち残ってくるやも!? これは見逃せないなー!

サバイバルゲーム部と自動車部が合併して誕生したサバイバル自動車部(なんじゃそれ)部長の轟輌輔(とどろきりょうすけ)も、壊懺総戦挙の覇者として名告を上げるべく、四天王の蟇郡苛(がまごおりいら)の命を狙う。免許取り立てで不慣れな運転の蟇郡に浴びせかけられる無情な銃弾の雨霰

多勢に無勢、周りを完全包囲された蟇郡は窮地に陥いるものの、まるで気に留める素振りもなく敢然と前へ立ち塞がる。すると、彼の持つ三つ星極制服が複雑に形状を変化させ、「縛の装(しばりのそう)」にフォームチェンジ! 彼の逞しい“それ”はみるみるうちに硬さを増していった!

強い刺激を与えられてもびくともしない頑丈さを持ち、むしろ激しく責められれば責められるほど、そのフォルムを一層大きく膨張させる。ぎちぎちに屹立した状態のままひたすら我慢に耐え続け、やがて絶頂に達すると、溜まりに溜まったドロドロのマグマを一気に爆発させるように、大量射………射出!

溜め込んだ力を一気に解き放つ「死縛の装(しばきのそう)」によって、一瞬で壊滅状態のサバイバル自動車部。流子と視聴者は、蟇郡の恐ろしさをまざまざと見せ付けられた格好ですね…。この攻撃だけは絶対に受けたくないと。さすがに皐月の右腕として、風紀部委員長を取り仕切る男の強さは伊達じゃございません。

7日間に渡る予選が終わり、最終的に決戦闘兵の舞台に立つ資格を得たのは、蟇郡、猿投山、蛇崩、犬牟田の生徒会四天王と、流子を合わせて計5人。がらがらぽんでせっかく学園再編を目論んだのに、一切の波乱が起きることなく、予想された面子しか残らなかったのは納得いかない。これなら大仰な総戦挙なんかやらずとも、最初から四天王との対決だけをやれば良かったじゃないすか~。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 540 より )

Amazon価格:¥ 3,801

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. キルラキル 第8話 「俺の涙は俺が拭く」感想

    まさか、生徒会四天王の蟇郡苛の歳が20歳だったとは・・・w
    なんか、めちゃめちゃでしたが、熱い展開でした
    突然行われた本能字学園生徒会の体制を白紙に戻す壊惨総戦挙
    開始から7…

  2. 驚くべき変態性癖・・・もとい変身制服 キルラキル 第8話「俺の涙は俺が拭く」感想

    「戦挙とはお前達が誰かを選ぶのではない、お前達自身がお前達自身に選ぶのだ。その地位を、力を、生き方を・・・」
    「七日後の午前八時三十分、この校庭に辿り着いた者達で『決…

  3. キルラキル 第8話 『俺の涙は俺が拭く』 蒲郡って20歳だったの。

    そんでもってドM。鬼龍院皐月にくっついてるけど根はわりと常識人。郊外でエンストした流子たちも助けてくれる。そんな蒲郡ですが…実はドMの変態でした。もっと、もっと責めろ…

  1. 制服を返上して、皆さん素の能力でやるのかと思ったらそうじゃなかった時点でお察しですね・・・

    しかし2クール予定なのにもう四天王戦ですか。乃音たんがどんなボコられかたをするのか今から楽しみです!

  2.  ゲストさん
    確かに神衣や極制服は一時没収で素の強さでもう一度強さを決め直すべきでしたね~。

    展開は相変わらず早いですが、1クール目で本能寺学園を制覇して、2クール目で関西の高校と争って全国統一を目指す展開かも?(大番長システム) 敵だった皐月と四天王が仲間になるのもまたジャンプの王道。

  3. グレンラガンでは地球の覇権を争って獣人と戦っていたと思ったら最終的には銀河決戦にまで行った監督と脚本のコンビですからキルラキルも後半のスケールは相当大きくなって行くんじゃないですかね。

  4.  smatさん
    グレンラガンそんなことになっていたんですか! だったら、キルラキルも最終的な着地点は読めないですね~。スケールは大きければいいというわけではありませんが、最後まで展開の読めない話であって欲しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。